2012年 06月 13日

21 源流イワナ釣りキャンプの手引き

 キャンプ釣行 装備編

 共同装備

 タープ
 大型タープを低く張り、テントの代わり。屋根下で雑魚寝する。金属製主ポールは持参しない。木枝を自作し使う。
 張り綱
 安価なイロン細引きを使う。
 ノコギリ
 焚き火炊飯に使う、3本支柱、タープ支柱自作に使う優れもの。山人が多用するナタの代用になり、重いナタはキャンプ釣行では持たない。
 コッヘル
 大・中・小3点セットを持つ。これは焚き火にかけられる製品を登山専門店から選ぶ。
 ICI石井スポーツオリジナル、ビリーセットは良品だ。
 点火剤
 メタ類の市販品から選ぶ。布製テープでも代用できる。
 ナイフ
 イワナ料理に使う。
 まな板
 強化ナイロン薄型まな板がある。
 針金
 焚き火用3点支柱を自作するときに使う。
 フライパン
 登山専門店にあるフライパンのなかから、パーティー人数によって使い分ける。
 プラスチック皿
 料理皿として必携品。
地形図
 目的地25000分の一を用意する。

 ハードなイワナ釣行の場合
 補助ザイル
 7ミリ切り売りロープ、30メートル2本を持参する。

 以上の装備を源流キャンプ難易度に合わせて用意する、総重量をパーティーの人数に応じて平等分担する。

 個人装備

 シュラフ
 春は厚手シュラフ、夏は薄手シュラフあるいはシュラフカバーで代用する。
 マット
 半身用エヤーマット薄型を持参する。ウレタン簡易マット不可。
 ツエルト
 タープ下雑魚寝として全身を被れるツエルトを使う。あるいはその代用品。
 雨具
 ゴアテックスあるいはそれに順ずる製品を持つ。雨具は雨対策に使うが、寒い日における防寒具となる。安価なナイロン製雨具は使い物にならない。
 蚊取り線香
 梅雨から秋まで必携品。ヤブ蚊襲来は恐ろしい、一晩使える本数を持参する。蚊取り線香なしキャンプイワナ釣行はありえない。
 ヘッドランプ
 軽量ヘッドランプを使う。一般釣具店にて市販されている。
 ザックカバー
 雨対策に使う。
 携帯ガス
 縦型、横型のなかから、安定感のある横型を選ぶ。
 コップ
 チタンコップあるいはそれに順ずるコップを持参する。
 箸
 使いやすい箸を持つ。
 プラスチック皿
 3点に分割できる皿は使いやすい。弁当用タッパーでも代用できる。
 新聞紙
 朝刊用を持参する。焚き火火種、山菜包み、きのこ包みに使う。
 ゴミ袋
 ナイロン袋を2点用意する。
 焚き火では弁当プラスチック製品は燃やさない。
 
 ハードなイワナ釣行の場合
 ザックインナー
 泳ぎのある源流アタックに使うナイロン大型袋。
 ハーネス
 簡易シットハーネスを使う。
 シュリンゲ
 7ミリ補助ロープ、大・中・小を予め自作して持参する。なるべくダブルザイルを使い、シュリンゲは残置させない遡行を心がける。
 
 服装
 長袖シャツ&ズボン
 水切れの良い丈夫な化繊素材のなかから選ぶ。源流アタックでは予備は持たない。遡行の際、当然濡れる。これには焚き火で乾かす。
 半袖上下、下着
 ユニクロにあるヒートッテックは安価で買い得。登山専門店は値段が高いが安心して使える。
 長袖上下、下着
 源流アタックバリエーションによって、半袖か長袖かを決める。
 軍手
 ゴム製滑り止めのある安価軍手を使う。焚き火、遡行、懸垂下降の際、必携品だ。
 帽子
 頭部保護用として持参する。
 タオル
 首筋保護、保温に役立つ。

 ネオプレンアクアラングタイツ
 雨降り釣行、あるいは泳ぎ多用地帯における寒さ対策に使う優れもの。以前であれば鮎釣り用安価タイツがあった。最近では厚手タイツが多く使えない。東京秀山荘アクアラングコーナーに薄手タイツがある値段が高いのが難点だ。

 足回り
 渓流シューズ
 花崗岩岩場突破に使う一般遡行シューズ。
 スパイク地下足袋
 山越えで使う優れもの。
 ネオプレンソックス
 渓流シューズインナーとして使う。夏遡行では厚手靴下で代用する。
 スパッツ
 スネ保護として必携品。
 
 釣り具
 ロッド
 信頼のある竿1本を持参。予備は持たない。
 仕掛け
 イワナ釣行当日に使う仕掛けを持参する。
 掬い網
 川虫採集、大型イワナを捕獲するときに使う。
 餌箱
 ナイロン袋で代用する。

 ※予備のハリ、ナイロン糸、目印、オモリは持たない。

 以上、装備は日常生活で便利なものは極力持たない工夫をする。釣行の疲れはザックの重さにかかっていて、1グラムでも軽い製品を持参し、軽量化に勤める。これが安全帰還の早道となり、疲労による帰還事故を防いでくれる。
 一般的アタックザック総重量として、15キロを目安にする。できれば12キロ程度に抑えたい。ザックが重くなれば事故につながる。繰り返す、余分な道具は持たない。例えば前回キャンプでのザックの中身で、使わない道具があればそれは次回は持参しない。それからスタートするザック重量軽減化は始まるのだ。また寝るとき、暑かったらそれも薄手に替える努力を惜しまず実行する。さすればザックは軽くなる。
 パーティー編成の際、3名とすると、スピーディーに遡行源流釣行ができる。また釣行法として、ベースキャンプ地からの源流行がお勧めコース。イワナを釣りたいなら、ベース地まで遡行しなくては岩魚物語はスタートできない。初心者はベース地までも疲労困憊する。ここはひたすら岩魚熱で頑張るしかない。



 


 
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2012-06-13 16:28 | 岩魚物語


<< 22 ヤマメからイワナへ      20 源流イワナキャンプ釣行 >>