新・自然遊悠学

yuuyuugaku.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 22日

30 源流イワナキャンプ釣行の手引き

e0266825_14183583.jpg

今日の男鹿川、山地水分たくわえ満杯、夜半からの降雨のほとんどは放出、綺麗な水だけ流れている。釣りは明日から可能だ。

 キャンプ釣行  足周り編

 渓流遡行における最大の感心どころ、足周りを考える。
e0266825_1425478.jpg

渓流花崗岩帯遡行における渓流歩き専門シューズ。
フエルトソールを活かして使う、一般渓流シューズ。
e0266825_14294251.jpg

早期入渓に役立つネオプレンソックス。
ネオプレンスパッツを併用する。
e0266825_14322064.jpg

盛期渓流に使える先丸ソックス。
e0266825_14335884.jpg

使い込んだ渓流シューズ。
フエルトソールを張替えたもの。
シューズ布地が健在なら数回張りかえられる。
e0266825_14365290.jpg

林道、山道までのアプローチに使う運動靴。
渓流フエルトソール消耗を防いでくれる。
山道を運動靴に使い残置、渓流遡行をフエルトソールに掃き替える。

 運動靴、渓流シューズを使い分ける一般的な使い方があるのに対して、以下の方法でも渓流を歩くことができる優れものがある。
e0266825_14452414.jpg

スパイク地下足袋。
アプローチから渓流まですべてスパイク地下足袋で歩くことのできる。
マジックテープ型スパイク地下足袋。
e0266825_14475819.jpg

スパイクを効かして歩くのがコツだ。
e0266825_14492541.jpg

早期渓流釣りに役立つ、防水スパイク地下足袋。
2010年製、定価4800円。
e0266825_14503352.jpg

スパイク地下足袋に使う、先割れソックス。
e0266825_14521299.jpg

スパイク地下足袋、2010年製、定価3200円。2012年モデル3580円。毎年定価上昇中。
購入は地下足袋先割れでない、Ⅱ型タイプを買う。
e0266825_14591318.jpg

8枚こはぜタイプが一般的だが、ワンタッチタイプもある。
e0266825_150538.jpg

2年使えばスパイクは減ってしまい現地渓流での使用はできないが、易しい山菜摘みやきのこ狩り使用はできる。
e0266825_1525591.jpg

1年間使う地下足袋と靴下をそろえて置けば安心だ。
私の場合、4足を順次使っている。

 渓流シューズ定価19000円、スパイク地下足袋定価3500円、その差はかなりある。イワナ釣行頻度の多い私にとって、岩場遡行には渓流シューズ、一般渓流ではスパイク地下足袋を使い分けている。安価なスパイク地下足袋を使うことで、足周り原価を抑えることができている貴重品だ。

 
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2012-06-22 15:18 | 岩魚物語


<< 31 毛バリ釣り      29 男鹿川 >>