新・自然遊悠学

yuuyuugaku.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 19日

915 マイタケ狩り

e0266825_1644754.jpg

見置きマイタケ。
e0266825_16443670.jpg

幹から出たマイタケ。
e0266825_1645124.jpg

天然マイタケ。
e0266825_16454079.jpg

マイタケを採る。
e0266825_1646538.jpg

4キロマイタケを収穫する。
e0266825_1646441.jpg

ひたすらミズナラの木を求めて歩く。
e0266825_1647211.jpg

原始林を歩く。
e0266825_16474983.jpg

ミズナラ根元の出る舞茸を探す。
e0266825_16484399.jpg

樹齢300年クロベ。
e0266825_1649221.jpg

ブナからの贈り物ブナハリタケ。
e0266825_1650293.jpg

ブナからの贈り物ナラタケ。

 舞茸孤軍奮闘記

 きのこ日和のなか原始林へ。見置きマイタケを回収する。幸い、ここは人の入りにくい奥山マイタケ場だったので、マイタケを1週間育てるためにきのこを置いてきた場所だたから、他人様に採られることなく、ほどよく生長したおかげで、4キロマイタケを収穫できた。きのこを見てそのまま放置してよい場所ではマイタケを置きっぱなしにする。けれども人の往来があるきのこ激戦区では小さくても収穫する。それは採らなければよそ者にきのこを採られてしまい、きのこシロを覚えられてしまう。マイタケは採ったり採られたり、きのこ気質の浮世があってそれがマイタケ師として面白い部分なのである。
 これからしばらく、マイタケ争奪戦は続行され、きのこ狩りは佳境となる。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2014-09-19 17:04 | きのこ自然誌


<< 916 マイタケ狩り      914 マイタケ狩り >>