新・自然遊悠学

yuuyuugaku.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 12日

1323 冬芽

e0266825_14114233.jpg

カエデ
枝先端が二手に分かれているカエデ。
e0266825_14121696.jpg

オニグルミ
ごつごつした特徴ある芽鱗に覆われている。
e0266825_14125415.jpg

ヤマツツジ
ツツジの仲間は全体に毒素があるから動物には食われない。
e0266825_14132957.jpg

クワ
冬季におけるサルの餌を提供している。
枝から新芽、樹皮まで徹底的に食べられてしまうが、春になれば復活芽をだし成長する。
e0266825_1414128.jpg

ゴヨウマツ
適度に新芽をだす。
e0266825_14142962.jpg

シャクナゲ
花芽で越冬する。
e0266825_14145524.jpg

ヤマグルマ
広葉樹ながら落葉しない。
e0266825_14152263.jpg

イチイ
赤い果実が秋に実り、人にとって貴重な薬酒となる。
e0266825_14154567.jpg

トチノキ
ベチベトした樹液に守られた新芽で冬を越す。
e0266825_14161137.jpg

イチョウ
落葉するイチョウながら、針葉樹に属している。
e0266825_14165033.jpg

リョウブ
まだら模様の樹皮がヤセ尾根に踏ん張って自生する。
e0266825_14172085.jpg

カツラ
恐竜時代から今日まで生きているから立派だ。
e0266825_14174664.jpg

コメツガ
時たまこの根にマツタケ菌がとりつく。
e0266825_141833100.jpg

ハンノキ
斜面が裸になればいの一番にやってくる樹木。
e0266825_1419020.jpg

タラノキ
てんぷらに使う山菜。
e0266825_14193012.jpg

ブナ
緑のダムといわれる保水能力に優れた樹木。
e0266825_14195532.jpg

クリ
クマの大好物、クリのみを秋に実らせる。
e0266825_1420228.jpg

ホオノキ
大型葉はホウバ焼きに使う。
e0266825_1420444.jpg

コナラ
秋に実るどんぐりは熊が喜ぶ。
e0266825_1421868.jpg

参考文献

 冬になれば葉がなくなり見慣れた樹木でもその木を正確に答える手段は少ない。それでも手がかりとなるのが越冬芽だ。本日は快晴、冬らしからぬ無風で温かい山を歩く。

 
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-12-12 14:31 | 森羅万象


<< 1324 蝶      1322 温泉 >>