新・自然遊悠学

yuuyuugaku.exblog.jp
ブログトップ

2014年 09月 15日 ( 1 )


2014年 09月 15日

911 秋きのこ

e0266825_15254389.jpg

ナラタケ
e0266825_15261020.jpg

良質な出汁が出るナラタケ。
e0266825_15265997.jpg
 
ツガタケ幼菌。
e0266825_15273319.jpg

e0266825_15274986.jpg

ハナイグチ、カラマツ林に発生する。
e0266825_1528259.jpg

ホコリタケ、若いきのこならゆでてから料理する。
e0266825_15292770.jpg

e0266825_15294565.jpg

マイタケ発見。

 きのこ孤軍奮闘記

 倒木からナラタケ、カラマツ林にハナイグチと序々に秋らしくなる。下着は半袖から長袖、今日からこのスタイルで山歩きする。目指すはこの時期を代表するマイタケだ。それには奥山ミズナラ自生地まで歩かなければ採れない。まあ急がずゆっくりマイペースで歩く。山はほんの少しブナの葉が黄色みを帯び、それは山温度低下を意味し、これから秋きのこは本番を迎える。1本1本、丁寧にミズナラの根元の発生するマイタケを探す。3時間たっぷり歩けば、今年の予定いしていたマイタケ発生木似着く。上部からは見えなかったが、谷川に位置を変えればマイタケ殿下とマイタケ姫は並んで出ていた。それは黒マイタケ、ずっしり重いきのこに満足する。5株のうち4株3キロを収穫、のこりは1週間後に再収穫するつもりでいる。それまで誰も盗られないように願いながら山を下山する。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2014-09-15 15:42 | きのこ自然誌