新・自然遊悠学

yuuyuugaku.exblog.jp
ブログトップ

2014年 09月 27日 ( 1 )


2014年 09月 27日

923 秋きのこ狩り

e0266825_18233365.jpg

クマ棚。
e0266825_18241183.jpg

クリフウセンタケ、いらない。
e0266825_18245655.jpg

シシタケ
e0266825_18252716.jpg

e0266825_18254257.jpg

巨大ミズナラ、マイタケなし。
e0266825_18262362.jpg

マイタケ流れ。
e0266825_18265687.jpg

マイタケ、いじけている。
e0266825_18273297.jpg

大盛クマ糞。
e0266825_18281461.jpg

ランチタイム、ダニがいるので立ったままおにぎりを食べる。
e0266825_18294245.jpg

ブナ、ミズナラ原始林。
e0266825_1831282.jpg

マイタケ見置き。
e0266825_1832148.jpg

ハナイグチ
e0266825_18323481.jpg

ナラタケ
e0266825_18325861.jpg

マツタケ
e0266825_18332343.jpg

クロカワ
e0266825_18334817.jpg

クマ発見、今日これで2度目だ。
e0266825_18343755.jpg

クマのお目当て、クリの実。


 きのこ狩り孤軍奮闘記

 クマ糞があっちこっちに放置されているから、本日、かなりの確率で熊に出会える。それを楽しみに原始林を歩く。コナラとアカマツ林でシシタケと遭遇、幸先良いきのこ狩りとなる。収穫シシタケは岩場下に隠しておき帰りに回収する。ボキボキとクリ枝を折る音がする。くまさんが木に登って食事中。慌てて私を威嚇して逃げ去る。クマがいた所にマイタケシロがあるから少し立ち止まってからミズナラのそばにいく。残念ながらマイタケは出ていなかった。それにしても足元からダニが上がってくる。30分に1回、ダニ退治をやらなければ首筋まで登ってきて厄介だ。

 今年、天候不順の影響があって、舞茸姫のご機嫌は最悪である。本日予定していたマイタケシロは午前中で終わる。立ったままランチのおにぎりをほうばる。お茶を飲んでから休むことなくマツタケ場へ。1本出ていた。いつものシシタケ場に異変が起こり、シシタケ殿下はポツリポツリ。これではシシタケ探しは大変だ。白が寸断されたような気がする。シシタケを諦め、松茸ポイントへ移動。これにはピークを登り下ってアカマツ尾根までかなりの距離を歩くことになる。松茸の魅力は苦労も厭わない。しかし松茸姫登場にならず。欲をかいたのがいけなかったか。

 合計7時間休みなし行動に終止符をうつ。前方にクマがいる。カメラを取り出しパチリ1っ発、クマは一目散に逃げていく。もう少しゆっくり歩いてくれれば、クマ写真が撮れたのに、クマは人を信じていないからやむを得ない。あとはマイカーのところまで山越えして帰るだけとなる。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2014-09-27 19:01 | きのこ自然誌