新・自然遊悠学

yuuyuugaku.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:教室実施報告( 30 )


2015年 07月 29日

1194 オオクワカタ棲む渓山釣りイワナ

 遠征山釣りイワナ教室

 7月26日

 源流イワナ場へ、6時間。
 午後から沢へ、魚止めの奥への山越えだったが、上流部を探る。

 7月27日

 元職漁師イワナ放流ポイントへ、山越え釣行12時間。

 7月28日

 台風12号のため朝から雷混じりの豪雨、イワナ釣行中止、下山。

e0266825_1615422.jpg
 
オオクワカタ
日中は樹の胴で寝ているのだが、なぜか我々に姿を現す。

源流のイワナたち

e0266825_1654825.jpg

e0266825_166910.jpg

e0266825_1663248.jpg

e0266825_1665052.jpg

e0266825_1671445.jpg

e0266825_1673991.jpg


イワナを育む原始林

e0266825_168589.jpg

イワナ渓の主役はブナ、しかし岩場の峡谷になれば、クロベやゴヨウマツの針葉樹がブナと入れ替わる。

目的地へのアプローチ

e0266825_16112090.jpg

イワナ場は遥か遠方である。

源流の巨岩ゴーロ

e0266825_16131045.jpg

上流に遡行するとイワナは小型になった。

道のない山越えルートを登る。

e0266825_16162278.jpg


山の愛嬌者

e0266825_16165841.jpg

カナカナと鳴く、カジカガエル。

源流イワナ釣行を終えて

台風10号そして12号、脊梁山地への豪雨被害を想定し、さほど影響を受けていないイワナ場へ向かう。自然遊悠学ベースキャンプ地から目的地へは6時間、半日を費やす。この地はこれまでの4年間、本流と沢のイワナ状態をある程度把握すているから、そのなかでよさそうなイワナ場を選んだ。
結果的には大型イワナのヒットはなく、目標イワナには程遠い残念な結果に終わる。けれども、目的地に棲んでいるイワナの正体、それはこの地で温泉宿にイワナを卸した元職漁師が魚止め滝以遠へつぎつぎとイワナを放流したおかげで、今日、我々釣り人を楽しませてくれた。ここで改めて先人が築き上げた新イワナ場誕生に敬意を称したい。我がパーティーは先人イワナ遺産を後世に残ってもらう意味で、釣り上げイワナはすべて再放流する。それはイワナ場の魚体がそこで生まれ、そこで棲み、そこで産卵する、そこの「居つきイワナ」へ移行中であるから、イワナ生態系システムをいつまでも継続してもらいたいからである。
それにしても毎年イワナが小型化している理由として、釣り人の源流イワナ持ち帰りが原因。釣り上げたいワナをすべてキープすればたちまちイワナはいなくなってしまう。入渓することは一向に構わないが、せめて数尾程度にとどめてもらいたいと願うのみだ。

   
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-07-29 16:03 | 教室実施報告
2015年 05月 11日

1118 山釣りイワナ源流編

06:00 自然遊悠学の家、出発
07:30 林道終点、着
07:35 山道を歩く
08:50 原生林から渓へ下降
09:40 沢に着く、遡行開始
10:50 源流のイワナ場、着。イワナ釣り開始
12:20 ランチタイム
12:30 午後の山釣りイワナを釣る
14:00 魚どまり、着。釣りは終わる、下山
17:00 自然遊悠学の家。着。

 5月23日から24日に予定していた、山釣りイワナ釣行は参加者の都合でキャンセル。本日、予定をかなり前倒し、2日間の予定を1日で実施する、かなりハードな源流イワナ釣りをやる。


今日のイワナたち

e0266825_17475399.jpg

e0266825_175016.jpg

e0266825_17503550.jpg

e0266825_1751621.jpg

e0266825_1751277.jpg

e0266825_17514815.jpg

e0266825_17522124.jpg

e0266825_17525872.jpg

e0266825_17532215.jpg


ラストの一発で33センチイワナを釣る

e0266825_17534347.jpg

今年初、尺上イワナに満足する。

e0266825_1757831.jpg

下降に使った原生林尾根
e0266825_17575662.jpg

廃道の山道
e0266825_17584932.jpg

今日は昼休み意外、歩きっぱなし。

 孤軍奮闘記

 渓へ到着してから12本の滝を越え、一気に源流部を目指す。2日間のコースを日帰りで突破する。それなりの体力を要するから休みは一切ない。それも尺イワナを釣り上げたおかげで、アドリナミンは最高潮に発揮する。下山3時間、まだ体力は残っていた。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-05-11 17:48 | 教室実施報告
2015年 03月 06日

1058 開山祭

e0266825_1863578.jpg

天国で羽衣を着た天女の膝枕で寝ていた山神様を下克上させ、我が家に招き入れ、神社屋城へ入ってもらう。
とりあえず、私が作った、おでんとシシタケご飯を食べてもらう。
e0266825_18115442.jpg

少し遅れて古い友人が刺身の盛り合わせを奉納、これだけご馳走してあげれば、山神様は当分の間、自然遊悠学の家にて、居候してもらえそうだ。
これで、無事2015年度、開山祭は無事に終了する。
e0266825_18145843.jpg

84歳、遠山氏。70歳になった私たちコンビは今年も山詣でをやる決意だ。

20154年度における年間山行200日を目標に山賛歌を果たすことを山神様へ報告した次第です。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-03-06 18:16 | 教室実施報告
2014年 09月 13日

909 遊悠学マイタケ狩り

e0266825_1655165.jpg

マイタケ発見。
e0266825_1661979.jpg

マイタケ収穫。
e0266825_1665349.jpg

今日も熊のテリトリー内でのマイタケ狩りであった。

ブナ・ミズナラのきのこたち

e0266825_17352949.jpg

ナラタケ
今年は多雨であるから豊作の予感。
e0266825_17361912.jpg

ドクツルタケ幼菌。
e0266825_17365636.jpg

ドクツルタケ成菌、食べたら死ぬ。
e0266825_17415173.jpg

ヒロヒダタケ、毒。
e0266825_17423854.jpg

e0266825_1742553.jpg

カクミノシメジ?
e0266825_17434233.jpg

ミズナラに取り付いたオオミヤマトンビマイタケ。
e0266825_1744337.jpg

e0266825_17445253.jpg

食毒不明きのこ。
ナガエノスギタケ幼菌?
アケボノサクラシメジ幼菌?
e0266825_17485470.jpg

ヤコブタケ
e0266825_17492882.jpg

e0266825_17494737.jpg

ツガサルノコシカケ
e0266825_1750344.jpg

雑木とブナ林の境にあったハエトリシメジ。
e0266825_17531770.jpg

今日のフィールド。

雑木林からブナ林まで例年になく色々なきのこが発生中だ。キノコを独学で学んでいる自然遊悠学にとって、現在現地にてきのこ学を勉強中、本日も5年ぶりでハエトリシメジを見つける。またブナ林にて3年ぶりにアケボノサクラシメジらしききのこと出会えた。これからどのようなきのこたちと再会できるか、楽しみながら山行するつもりでいる。

 郡山からの客人さん、お疲れ様でした。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2014-09-13 16:08 | 教室実施報告
2013年 11月 06日

640 ブナ林きのこ狩り

初冬きのこ狩りブナ林編
2013年11月6日(水)АM09:00~PM17:00実施
場所 自然遊悠学特選ブナ林。

■概要
初冬に発生するブナ林でのきのこ狩り。

■今回の教室ポイント
初冬きのこ狩り
落葉ブナ観察

■実施スケジュール
09:00 中三依温泉駅、集合、出発。
10:35 ブナ林、着。探索開始。
12;20 昼ごはん。
12;30きのこ狩り。
15:00 きのこ狩り終わる、下山。
17:00 自然遊悠学の家、着。解散。

e0266825_1737622.jpg

天然粒ナメコ。
e0266825_17374243.jpg

食べごろムキタケ。
e0266825_17383585.jpg

落葉ブナ観察。
e0266825_17385940.jpg

開きナメコ。
e0266825_17393025.jpg

半開きナメコ。
e0266825_174077.jpg

帰りに見つけたナメコ。




ブナ原始林に冬がやってきた。

ブナ倒木に出たナメコ。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2013-11-06 18:00 | 教室実施報告
2013年 10月 19日

626 きのこガール

秋きのこブナ・ミズナラ編
2013年10月19日(土)AM10:00~PM16:30実施
場所 自然遊悠学特選きのこ場

■概要
秋きのこを探索、温泉で汗を流し、きのこ鍋を賞味しました。

■今回のきのこ教室ポイント
秋きのこを学ぶ
原始林内に自生する倒木きのこを採集する。
収穫したきのこレシピを学ぶ
きのこの山料理を会得する。

■実施スケジュール
10:00 中三依温泉駅、集合、出発。
10:15 きのこば、着、探索開始。下見きのこは取られてしまう。
10:30 きのこ第2ポイントへ。
11:30 きのこ狩り開始。
12:30 お昼ご飯。
14:00 きのこ狩り終了、下山。
14:30 温泉へ。
15:00 きのこ鑑定。
15:10 きのこ鍋&シシタケご飯を食べる。
16:30 きのこ教室終わる。


きのこガール、ムキタケを採る。


きのこガール木に登る。

e0266825_18533658.jpg

急斜面を登るきのこガール。
e0266825_18542248.jpg

立木を利用して山を登る。
e0266825_18553828.jpg

ランチタイム、きのこガールも腹が減るのだ。
e0266825_1856219.jpg

立木に登るきのこガール。
e0266825_18565787.jpg

ヒラタケの香りをきのこガール。
e0266825_1858275.jpg

何を見ても笑いこけるきのこガール。
e0266825_18593649.jpg

樹齢300年、クリ巨木で記念撮影。
e0266825_1903783.jpg

きのこガールムキタケを採って満足そう。
e0266825_1913187.jpg

自然遊悠学の家できのこ鑑定。
e0266825_1924167.jpg

採集したきのこは平等に分ける。
e0266825_193513.jpg

きのこ醤油漬けは参加賞。
e0266825_1961357.jpg

自然遊悠学からのプレゼントマイタケに喜ぶきのこガール。

きのこ料理
e0266825_1961618.jpg

マイタケきのこ鍋。
e0266825_1972865.jpg

ワラビ保存漬け。
e0266825_1981156.jpg

アケビ。
e0266825_198372.jpg

シシタケ(コウタケ)ご飯。
e0266825_1992822.jpg

きのこ料理を楽しむ。
e0266825_1910357.jpg

植野稔のきのこ祭りは無事終了。お疲れ様でした。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2013-10-19 18:28 | 教室実施報告
2013年 10月 16日

624 秋きのこブナ林編

秋きのこブナ原生林編

2013年10月15日(火)AM09:10~PM18:30実施

場所 自然遊悠学特選ブナ原生林

■概要
ブナ林でのきのこ狩り

■今回のきのこ教室ポイント
秋きのこ発生を考える
秋きのこの収穫

■実施スケジュール
2013年10月15日 天気 曇りのち雨
09:10 自然遊悠学の家、集合。出発・
11:10 ブナ林入口、着。きのこ山へ。
12:00 昼食。
12:10 きのこを探す。
e0266825_11284428.jpg

クリタケ。
e0266825_1129489.jpg

クリタケ収穫。
e0266825_11292984.jpg

ゆがいて食べるカノシタ、比較的珍しいきのこ。
e0266825_11311170.jpg

お目当てきのこブナハリタケ、まだ幼い。
e0266825_1132382.jpg

流れナラタケ。
e0266825_11354474.jpg

ナラタケ。
e0266825_11361620.jpg

ナラタケの収穫。
e0266825_11364350.jpg

ブナからの恵みブナハリタケ。
今日のきのこ狩りの目的を達成した。


ブナハリタケの収穫。
14:00 きのこ狩り終了、下山。
16:30 林道終点、着。
18:30 自然遊悠学の家、着。


同行二人
ブナハリタケを採りたいとの希望があってブナ林へ。
くまなくブナ森を探索、最後のコースで良品ブナハリタケを見つけることができた。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2013-10-16 12:01 | 教室実施報告
2013年 08月 09日

565 山釣り教室

大イワナに挑む山釣り教室2013VоL6
~山越え9時間、2013年度メイン源流イワナ釣行~
~知られざる大イワナを追いかけるキャンプ釣行の5日間~
~源流でのサバイバルキャンプ釣行を体験する~

■エリア
奥羽山地エリア
■開催日
8月1日(木)~2日(金)~3日(土)~4日(日)~5日(月)

山釣り教室
2013年8月5日(月)~8日(木)実施
場所 奥志賀

■概要
奥山まで歩き、サバイバルキャンプ山釣りを体験しました。

■今回の山釣り教室ポイント
山越えルート
目的地キャンプ場までの山越えルートは事前に確認していたため、ルートはスムーズにいく。
遡行
徒渉、ルートファインでングを現地で学ぶことができた。
イワナ釣り
夏イワナポイントを現場で勉強しました。
サバイバル山行
夏山菜を採集しながら、現地調達イワナ料理を堪能しました。
焚き火
2日間雨にも負けないで、雨が止んだ3日目、イワナの塩焼きを食べることができた。
雨中のテント生活
大型タープを利用することで、快適な山中キャンプを経験できた。

■実施スケジュール
2013年8月5日 天気 曇りのち雨。
8月6日 曇りのち雨。
8月7日 減れのち曇り。
8月8日 減れ時々曇り。

印象に残る滝
e0266825_166103.jpg

e0266825_1662178.jpg

e0266825_1663259.jpg


ベースキャンプ地
e0266825_1683679.jpg

植木屋ヤス。

山釣り
e0266825_16133469.jpg

源流で毛針釣りを楽しむ植木屋ヤス。

餌取り
e0266825_16145185.jpg

カワゲラを採集する。

山料理
e0266825_16183847.jpg

ミズナとフキのニンニク油炒め。
e0266825_1620154.jpg

イワナ寿司。

焚き火
e0266825_16245366.jpg

濡れた薪をなだめながら焚き火を起こしイワナを焼く。

e0266825_16293667.jpg

珍しいコウモリ発見。
e0266825_1630540.jpg

サンコダケ、珍しいきのこだ。
e0266825_16303939.jpg

今回のメンバー。

動画公開

源流まで遡行,毛鉤釣りをやる植木屋ヤス。


サバイバルキャンプ釣行のベースキャンプ地を設営。
植木屋ヤスはあすへのイワナ仕掛けを作る。


植木屋ヤス、源流のイワナ山釣り。


植木屋ヤスの山釣り。その2


朱点が鮮やかな居つきイワナ。


ミズナ、フキの夏山菜を利用するキャンプ料理。
ニンニク投入でスタミナをつける。


焚き火でイワナを焼く。



源流イワナ。

同行二人
1日目、雨、テン場前の沢は濁流となる。2日目、雨の中を遡行、釣りはほとんどできない。雨もようの黒雲発生、釣りどころではなく、魚留確認で終わる。
3日目、ようやく晴れた。期待の源流イワナ山釣りができた。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2013-08-09 16:59 | 教室実施報告
2013年 08月 09日

565 山釣り教室

大イワナに挑む山釣り教室2013VоL6
~山越え9時間、2013年度メイン源流イワナ釣行~
~知られざる大イワナを追いかけるキャンプ釣行の5日間~
~源流でのサバイバルキャンプ釣行を体験する~

■エリア
奥羽山地エリア
■開催日
8月1日(木)~2日(金)~3日(土)~4日(日)~5日(月)

山釣り教室
2013年8月5日(月)~8日(木)実施
場所 奥志賀

■概要
奥山まで歩き、サバイバルキャンプ山釣りを体験しました。

■今回の山釣り教室ポイント
山越えルート
目的地キャンプ場までの山越えルートは事前に確認していたため、ルートはスムーズにいく。
遡行
徒渉、ルートファインでングを現地で学ぶことができた。
イワナ釣り
夏イワナポイントを現場で勉強しました。
サバイバル山行
夏山菜を採集しながら、現地調達イワナ料理を堪能しました。
焚き火
2日間雨にも負けないで、雨が止んだ3日目、イワナの塩焼きを食べることができた。
雨中のテント生活
大型タープを利用することで、快適な山中キャンプを経験できた。

■実施スケジュール
2013年8月5日 天気 曇りのち雨。
8月6日 曇りのち雨。
8月7日 減れのち曇り。
8月8日 減れ時々曇り。

印象に残る滝
e0266825_166103.jpg

e0266825_1662178.jpg

e0266825_1663259.jpg


ベースキャンプ地
e0266825_1683679.jpg

植木屋ヤス。

山釣り
e0266825_16133469.jpg

源流で毛針釣りを楽しむ植木屋ヤス。

餌取り
e0266825_16145185.jpg

カワゲラを採集する。

山料理
e0266825_16183847.jpg

ミズナとフキのニンニク油炒め。
e0266825_1620154.jpg

イワナ寿司。

焚き火
e0266825_16245366.jpg

濡れた薪をなだめながら焚き火を起こしイワナを焼く。

e0266825_16293667.jpg

珍しいコウモリ発見。
e0266825_1630540.jpg

サンコダケ、珍しいきのこだ。
e0266825_16303939.jpg

今回のメンバー。

動画公開

[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2013-08-09 16:36 | 教室実施報告
2013年 07月 18日

548 源流山釣り


大イワナに挑む山釣り教室2013VоL4

~出造り小屋主の大イワナ渓を釣る~
~源流大イワナは健在か? 再会イワナとの対面を果たす~
~ブナ帯からオオシラビソ帯へ移行する生態系を学ぶ~

■エリア
会越エリア
■開催日
7月12日(金)~13日(土)~14日(日)

山釣りイワナ教室
2013年7月16日~17日~18日
場所 会越エリア

■概要
原生林侵入、源流大イワナを求めて。

■今回の山釣り教室ポイント
奥山まで歩く、源流にて幕営しながらイワナを釣る。

■実施スケジュール
7月16日 天候晴れ 山道を歩き幕営。
7月17日 雨、停滞。
7月18日 雨、撤退、下山。

e0266825_16453520.jpg

崩壊する山道。
e0266825_16461434.jpg

アカヤマドリ夏きのこ。
e0266825_16484317.jpg

タマゴタケ夏きのこ。
e0266825_1649848.jpg

マツムシソウ。
e0266825_16493482.jpg

本流の滝。
e0266825_16495737.jpg

雨なのでテント生活。
e0266825_16503846.jpg

シベリヤ寒気が稜線を襲い、雨雲を作る。


夏きのこタマゴタケ発生中。


初夏に花咲くクルマユリ。


山は雨雲に包まれる。

 孤軍奮闘記

 16日のみ晴れ、それも夜半から雨になる。明日の晴れ間を信じて頑張るが断続的に降雨となる。2日目は停滞、3日目の雨で源流山釣りを断念。結局、ひとふりすることなく下山する。やはり、梅雨明けを待たなければ山岳渓流山釣りは無理のようだ。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2013-07-18 17:38 | 教室実施報告