<   2014年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2014年 06月 30日

825 山釣り

今日のイワナ

e0266825_14264368.jpg

e0266825_14265770.jpg

e0266825_1427935.jpg

e0266825_14272540.jpg

e0266825_14274061.jpg

e0266825_14275657.jpg

e0266825_1428898.jpg

e0266825_14281836.jpg

e0266825_14283128.jpg

[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2014-06-30 14:28 | 岩魚物語
2014年 06月 29日

814 北海道山釣り計画

 7月中旬、古い友人に遠征イワナ釣りプランを懇願した結果、とんとん拍子で夢のイワナ釣り計画ができあがる。それは古い友人の思いがけない遺産が転がり込み、2人分の飛行機代、宿代を予約。期待をこめた山釣り実施が決まった。私は1年中暇人ながら、同時に1年中金欠病人だ。「時間がるものの金なし。」生活に余裕がある人に企画をてお願いすれば、まれにうれしい結果を導いてくれる。
 以下は古い友人と私の山釣り計画立案を申し上げる。

 1 大イワナ釣り→北海道らしい大型イワナの棲家へ案内する。→ここまで7回を重ねた北海道山釣りの中で、一番実績のあった某イワナ場を今回の釣り場に決める。25年前、古い友人をガイド、そこで釣り上げたイワナは50センチをやや下回る大型イワナ、そのイワナは雌イワナだったので、今度は雄イワナ50センチ級を狙う釣りが第一目標となる。

 2 ウニどんぶり→北海道といえば海の幸、前回、すむぐり猟師が捕ったウニをどんぶりにしたものを食べた。この一品、あまりにも美味かったので、、もういっぱい古い友人におねがいして、おかわりして食べた記憶をいまだに忘れないでいる。→できたら古い記憶を頼って、同じ店でいただきたいと願っている。→今回は2ハイめはなしだから、古い友人の懐はさほどいたまない。

 心配なたね
 計画しているイワナ場の訪問は25年前と24年前だから今度で3回目の大イワナ挑戦となる。しかし、それから目的の渓流には人工物が構築されたことが、新地形図から読み取れ、イワナの環境う変化していることが何かと頭に引っかかる。大イワナはいるのかいないのか、それは25年という歳月がイワナにどのような影響を与えているのか、それはイワナ釣行をやってみなければ判明しない。それでもウニどんぶりは間違いなく食べることができるので、楽しみはまもなくやってくる。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2014-06-29 15:39 | 岩魚物語
2014年 06月 28日

813 渓流竿

e0266825_1449228.jpg

手元にある渓流竿。
e0266825_144942100.jpg

10年前の高級ロッド。
e0266825_14503561.jpg

25年前、山釣り全盛期に使用した竿。
e0266825_14515745.jpg

e0266825_14521522.jpg

廉価竿。

 武士であったら魂のこもった長刀、これが餌で山釣りを実施する渓流師にとっての竿と同じ意味を持つ。竹竿からグラスロッドそして今、カーボンロッドへ竿の歴史は経過している。最近、金欠病を患い最新の渓流竿は購入できないでいる。万物にはその役目が終了する寿命というものがあり、手持ちの竿も賞味期限は過ぎた。それは渓魚を掛けて時、魚の引きに絶えることなく必要以上にのされてしまうことで明らかになる。カーボンロッド特有の粘りがなくなり大型渓魚釣りでは使い物にならない。今年、北海道遠征釣行が古い友人のおかげで実現する。それには10年前の竿をだましだまし使い、夢の50センチイワナと対面を計画中。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2014-06-28 15:16 | 岩魚物語
2014年 06月 27日

812 山釣り

今日のイワナ

e0266825_1773348.jpg

e0266825_1774672.jpg

e0266825_178098.jpg

e0266825_1781537.jpg

e0266825_178306.jpg

e0266825_1784737.jpg

e0266825_1792497.jpg

e0266825_179471.jpg

e0266825_1710325.jpg

e0266825_17101578.jpg

[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2014-06-27 17:10 | 岩魚物語
2014年 06月 26日

811 野生ラン

e0266825_14181484.jpg
e0266825_14182682.jpg

ジガバチソウ

 3年ほど前に探索した森に入る。
 記憶を頼りに野生ランを探すも、既に花の時期が終えている様子があって、目的のランには出会えなかった。けれども蜂に似ている野生ラン、ジガバチソウを拝見できた。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2014-06-26 14:22 | 山野草図鑑
2014年 06月 25日

810 ニホンジカ

e0266825_15232344.jpg


 3月に降った積雪の影響があり大型野生動物は生死を分けた。特に年数を食ったニホンジカは夏を迎えることなくあっけなく死んだ。今年、6頭目のシカである。それでも大型獣の肉は他の獣の餌となり、骨以外は全て無くなるこれも山の掟だ。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2014-06-25 15:31 | なんでもござる
2014年 06月 24日

809 クリンソウ

e0266825_15261278.jpg

e0266825_15262679.jpg

e0266825_15264085.jpg

e0266825_15265365.jpg

e0266825_1527517.jpg


 某、有名な自生地へ、朝4時に起きて友人と待ち合わせ。早朝のバスに合わせて出発。クリンソウ保護のためマイカーは乗り入れできない。目的の駐車場にはすでに年金生活者でかなり混雑している。我々の軽自動車は15年以上経過しているオンボロであるが、ここに集まる花ウオッチング写真撮影者たちのマイカーときたら高級車集団、手には大型三脚、肩にぶら下げているカメラは高級一眼レフカメラで、車といいカメラといい私には手の届かない立派な装備には驚きを隠せない。それに黒山の人だまりのも最近お目にかかっていない混雑さにこれまたたまげてしまう。世の中、こんなに暇人がいることも記憶にない雰囲気に圧倒されてしまう。カメラマンになりきっている人たちの撮影した写真を一度拝見したいと思った。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2014-06-24 15:44 | 山野草図鑑
2014年 06月 23日

808 山釣り

 今日のヤマメ・イワナ

e0266825_15165839.jpg

e0266825_15171844.jpg

e0266825_15173558.jpg

e0266825_15174886.jpg

e0266825_1518316.jpg

e0266825_15182147.jpg

e0266825_15183771.jpg

e0266825_15185242.jpg

e0266825_151958.jpg

[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2014-06-23 15:19 | 岩魚物語
2014年 06月 22日

807 毛鉤釣り

  レベルラインによる毛鉤釣り

e0266825_11133932.jpg

釣り用品
e0266825_1114166.jpg

毛鉤竿
e0266825_11151166.jpg

レベルライン
e0266825_11153991.jpg

目印
e0266825_111683.jpg

ハリス
e0266825_11163460.jpg

毛鉤

e0266825_1117344.jpg

標準仕掛け
レベルライン→竿いっぱい
目印→30~40センチ
ハリス→30~40センチ

釣り方
日本式毛鉤釣りと異なり、目印でアタリをとる。
特徴
渓流の大小によって、レベルラインの長さを調整できる。
渓魚とりこみ
仕掛けを掴んでとりこむ。

 以上、釣具は中尾章男氏提供。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2014-06-22 11:28 | 岩魚物語
2014年 06月 21日

806 夏きのこ

e0266825_12523587.jpg

夏に発生するタモギタケ。

タモギタケと相性の良いハルニレ
e0266825_12551332.jpg

ハルニレ成木。
湿地を好んで自生する。
e0266825_12555939.jpg


e0266825_12563179.jpg



 ハルニレを求めて原始林内を探索
e0266825_12591270.jpg

半枯れのハルニレを発見。
e0266825_1302825.jpg

タモギタケ
e0266825_131438.jpg

e0266825_1313066.jpg

e0266825_1331667.jpg

e0266825_1334913.jpg

e0266825_1341014.jpg

今日の主役、中尾氏。
店で使うきのこの採集中。
鹿沼市緑町にて支那そば麺坊店主。

e0266825_137313.jpg

大型のタモギタケ。
e0266825_138186.jpg

ただいまきのこ学を勉強中。

e0266825_1394773.jpg

出たばかりのタモギタケ。
e0266825_13103566.jpg

生長すればきのこの中央は丸型に凹む。
e0266825_13114559.jpg

左上はナイフでキノコを取った先行者。
私たちのキノコ狩りはナイフは使用しないで素手で取る。
e0266825_13142483.jpg

流れきのこ。


タモギタケ狩りの副産物
e0266825_13154544.jpg

発生を同時進行するイケマ。
e0266825_13153858.jpg

湿地を好んで自生するヤナギ二着性するヌメリスギタケモドキ。


※採集費は6月20日
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2014-06-21 13:19 | きのこ自然誌