新・自然遊悠学

yuuyuugaku.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2014年 09月 10日

906 秋きのこマイタケ

 マイタケ狩り5連敗、なんとか6連敗を避けるため今日は奥山マイタケを探す。

e0266825_16295991.jpg

コナラ雑木林を直上。
e0266825_1631261.jpg

ブナ・ミズナラ林に到着。
マイタケ探し開始。
e0266825_1632670.jpg

早速出迎えてくれた熊糞。
e0266825_16325390.jpg

ミズナラ根元の発生するマイタケを丁寧に探す。
e0266825_16335066.jpg

e0266825_1634731.jpg

e0266825_16342352.jpg

マイタケ発生ミズナラ。
今年はまだ出ていない。
e0266825_16351834.jpg

天然マイタケ発見。
今年初マイタケながら小型なので舞茸踊りはやらない。
e0266825_16355945.jpg

原始林を下降しながらマイタケを探す。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2014-09-10 16:39 | きのこ自然誌
2014年 09月 09日

905 マツタケパトロール

 本日、有望マツタケ発生ポイントへ総長から出かける。しかし、到着したマツタケ場を懸命に探す手みたが、マツタケはなかった。おそらく土日に入山した人の足跡が残っていたから、マツタケはすでに取られたようだ。遠地のマツタケ場であっても、すでに歩かれてしまった場所であればきのこ確保は難しい。あきらめては選った足取りは重かった。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2014-09-09 15:54 | きのこ自然誌
2014年 09月 08日

904 秋きのこ

e0266825_1585420.jpg

コナラ尾根を登る。
e0266825_1594443.jpg

ズキンダケ
e0266825_15101141.jpg

コテングタケモドキ(毒)
e0266825_1511996.jpg

ハンノキイグチ
e0266825_15113562.jpg

チシオダケ
e0266825_1512815.jpg

コナラ斜面できのこを探す。
e0266825_15124864.jpg

アカナギナタダケ
e0266825_15131386.jpg

食べたら死ぬドクツルタケ。
e0266825_15135311.jpg

残りチタケ。
e0266825_15142090.jpg

アカヌマベニタケ
e0266825_1515143.jpg

15キロのマイタケを収穫したミズナラ。
e0266825_15154911.jpg

目印となるブナ。
e0266825_15164849.jpg

ヌメリササタケ
e0266825_15171357.jpg

ヤケコゲタケ
e0266825_15175999.jpg

タマゴタケ
e0266825_15182398.jpg

カバイロツルタケ

 チタケのナス油炒め

e0266825_1519359.jpg

チタケとナス
e0266825_15243769.jpg

多めのサラダ油を入れてチタケを炒める。
e0266825_15254566.jpg

きのこの水分がなくなるまで炒める。
e0266825_15265223.jpg

ナスはアク抜きする。
e0266825_15273378.jpg

ナスを入れて炒める。
e0266825_1528843.jpg

ナスがしんなりしたら酒、みりんを入れる。
e0266825_1529691.jpg

醤油で味を整える。

e0266825_15295727.jpg

出来上がり。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2014-09-08 15:31 | きのこ自然誌
2014年 09月 07日

903 きのこ話し

e0266825_1549364.jpg



 マイタケの出が悪く、マイタケ名人である遠山氏の自宅を訪ねその対策を相談に行く。ここまで一週間、マイタケを探すがさっぱり採れない。今夏におけるチチタケ発生が悪く、そんな年の秋きのこはさほど芳しくない。それを証明するここまでのマイタケ狩りにおける成果なし。やはり、冷夏による日照不足がマイタケシロへ多大なダメージを与えたようだ。例年の秋における遠山氏マイタケ収穫漁、120キロを確保できる舞茸名人であっても、ここまでマイタケは収穫できていない。「1週間ぐらい遅れている」と話す名人のきのこ感を信じて以降のマイタケ探しに精を出すことにした。
 朝からの雨なのできのこ狩りはできない。食料調達の帰り道、塩原温泉秋祭り、屋台引き回し行列に出くわす。こんな山車のように、威勢が良い舞茸殿下の登場を願っている。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2014-09-07 16:08 | きのこ自然誌
2014年 09月 06日

902 秋きのこ

e0266825_14504715.jpg

山桜に発生したウスヒラタケ。
e0266825_1451332.jpg

ニガクリタケ、毒。
e0266825_1452615.jpg

キツネノカラカサ
e0266825_14523943.jpg

ナギナタダケ
e0266825_1453394.jpg

コガネホウキタケ、毒。
e0266825_14533761.jpg

コナラ雑木林。
e0266825_1454765.jpg

ヌメリササタケ
e0266825_14542930.jpg

アカマツ林。
e0266825_1455265.jpg

ヌメリミラサキシメジ
e0266825_14554656.jpg

アワタケ
e0266825_14561517.jpg

ケロウジ、毒。
e0266825_1457197.jpg

ハラタケ?
e0266825_14573365.jpg

キイロイグチ、幼菌。
e0266825_14582599.jpg

アミタケ
e0266825_14584898.jpg

カレエダタケ
e0266825_14591286.jpg

シロオニタケ
e0266825_150162.jpg

スリコギタケ
e0266825_1502884.jpg

ベニナギナタダケ
e0266825_1505737.jpg

ガンタケ
e0266825_1512898.jpg

チチタケ
e0266825_1515643.jpg

きのこも病気になる。
e0266825_1523411.jpg

ドクベニタケ
e0266825_153148.jpg

ハツタケ
e0266825_1533522.jpg

ホコリタケ
e0266825_1541030.jpg

オシロイシメジ
e0266825_1543637.jpg

オニイグチ
e0266825_1551250.jpg

センニンタケ
e0266825_1553675.jpg

アカヤマドリ
e0266825_156231.jpg

タマゴタケ

 夏きのこから秋きのこへのバトンタッチはこれからのようで、山は晩夏きのこのままである。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2014-09-06 15:08 | きのこ自然誌
2014年 09月 05日

901 秋きのこ

e0266825_15181.jpg

カラマツ林で見つけたハナビラタケ。
e0266825_1513226.jpg

クロサルノコシカケ
e0266825_1523170.jpg

ムラサキシメジ
e0266825_152592.jpg

イッポンシメジ(毒)
e0266825_1593860.jpg

ハンノキイグチ
e0266825_151023.jpg

ダニにご用心。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2014-09-05 15:10 | きのこ自然誌
2014年 09月 04日

900 秋きのこ

e0266825_162001.jpg

ブナ・ミズナラ林のきのこを探す
e0266825_1621743.jpg

リング状に発生するハナホウキタケ。
e0266825_162256.jpg

テングタケ
e0266825_16223257.jpg

ベニタケ
e0266825_16225450.jpg

ドクツルタケ
e0266825_16231529.jpg

タマゴタケ
e0266825_16233785.jpg

アカヤマドリ
e0266825_1624286.jpg

マイタケを探す。
e0266825_16243062.jpg

3年出ていないミズナラ。
e0266825_16252963.jpg

ナラタケに養われているツチアケビ。


e0266825_16261427.jpg

モミ林のきのこを探す。
e0266825_1627163.jpg

モミタケのシロ。
e0266825_16273824.jpg

巨大に生長するモミタケ。
e0266825_16283488.jpg

モミタケ幼菌、ヒダは膜で覆われている。
e0266825_16293325.jpg

モミから発生するミヤマトンビマイタケ。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2014-09-04 16:31
2014年 09月 03日

899 秋きのこ

e0266825_14205191.jpg

傾斜の強いコナラ尾根を登る。
e0266825_1423322.jpg

キホウキタケ
e0266825_14233313.jpg

イグチ
e0266825_1424016.jpg

キイロイグチ
e0266825_14244360.jpg

ビロードツエタケ?
e0266825_14275769.jpg

ツガサルノコシカケ
e0266825_1429698.jpg

ツルタケ
e0266825_14313377.jpg

センボンクズタケ
e0266825_1432958.jpg

ブナ林
e0266825_14323886.jpg

ブナとミズナラ尾根
e0266825_14332141.jpg

e0266825_14333931.jpg

ぶな林に発生したタマゴタケ。
e0266825_14343523.jpg

オオミヤマトンビマイタケ
e0266825_14351085.jpg

舞茸殿下はまだ出ないミズナラ。
e0266825_1436287.jpg

キノコ菌によって倒壊したミズナラ。
e0266825_14371171.jpg

道のないきのこ狩りの際、目印となる三角点。
e0266825_14405713.jpg

ヒメカバイロタケ
e0266825_14421247.jpg

オオフキロタケ
e0266825_14423942.jpg

e0266825_14425876.jpg

食毒不明きのこ
e0266825_1443347.jpg

カワラタケ

 時折、小雨降る曇り空のなか、コナラ林はらブナ林のきのこ狩りをやる。メインきのこはマイタケだ。しかし、マイタケは出ていない。あと3本、残っている尾根をパトロールしてマイタケを探す。それでも毎日の降雨で、多種多様なきのこが発生中だからきのこ探索いはおもしろい。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2014-09-03 14:48 | きのこ自然誌
2014年 09月 02日

898 マイタケパトロール

e0266825_16441586.jpg

ムラサキシメジ
e0266825_16444392.jpg

クリフウセンタケ
e0266825_16451054.jpg

ホウキタケ
e0266825_16453694.jpg

ハナビラタケ
e0266825_16455987.jpg

ミズナラの根元にあるマイタケを探す。

 尾根越えでマイタケ場へ。しかしまだきのこは出ていなかった。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2014-09-02 16:48 | きのこ自然誌
2014年 09月 01日

897 薬酒

 朝から雨、毎日雨がやってくる。こんなに雨が降っているから、生野菜は高騰中、隣のじ様、斜め前のじ様がつくる野菜は大風と日照不足のダブルパンチでほとんど収穫なし。それでも曲がりキュウリをもらってポテトサラダを仕込むことができた。予定していたマイタケパトロールは中止、溜まっていた薬草を使って薬酒を仕込む。

e0266825_1423144.jpg

ツルニンジン
e0266825_1423257.jpg

キクバニンジン
e0266825_14244865.jpg

保存ビンに薬草を入れてからホワイトリカーを注ぎ入れる。

e0266825_1425048.jpg

トチバニンジン20年ものを手に入れることができた。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2014-09-01 14:27 | 不老不死