新・自然遊悠学

yuuyuugaku.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2015年 02月 28日

1053 雑木林スノーシュー

e0266825_1435549.jpg

スノーシュー開始。
e0266825_14355328.jpg

自由自在に気ままにスノーシュー。
e0266825_14363293.jpg

コナラ林のスノーシュー。
e0266825_1437565.jpg

フジツル利用の休憩ポイント。

 
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-02-28 14:38 | 山歩き
2015年 02月 27日

1052 温泉

e0266825_15392654.jpg


 企画が終わったので、今日は温泉へ、源泉かけ流しの湯に浸かってリフレッシュする。あいにく雪が降っているが、それがなんとなく心地よかった。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-02-27 15:42 | なんでもござる
2015年 02月 26日

1051 自然遊悠学2015年度企画まとめ

 4日間における2015年度各教室と新企画プログラムはうまくまとめて無難に終了しました。今年度の特徴として、シーズンの前半戦には山釣りと山菜。後半戦は登山ときのこを当てることにしました。例年に比べて、企画そのものは最小限度、これらは毎年の企画が様々な条件が重なり、実施を見送る結果が多々あった反省から、今年企画立案した教室程度であれば、実行可能な自然遊悠学に課せられた任務を貫徹できる数字であろうと判断した次第です。企画を発表したからには、世間様との約束事を予定どうり果たす義務があり、そのへんは私自身の不徳の致すところであります。以下はジャンル別に今年の自然遊悠学の抱負を述べる。

 登山教室

 血気盛んだった頃、アルピニストを目指す時代があって、私の山行き原点は登山にある。そこでこれまでに経験した登山知識を子供や中高年の人たちへ、実施指導する決意を固めた。「ちびっこ中高年登山塾」がこれに当たり、自然遊悠学の地元にある山、芝草山に登ることにした。地元のロッジ古代村経営、塩野氏とエコビレッジみより経営、七田氏との協賛を得ることができた、初めての登山企画となった。1日目は自然遊悠学における芝草山登山、日程に余裕のある人は2日目にはロッジ古代村、エコビレッジみより、におけるオプション企画があって、楽しい充実した2日間になります。

 山釣り教室

 一般のイワナ釣りを志す釣り人に対して、3本の山釣りイワナ釣行を企画。個性のあるイワナ場を選択してあります。対象者として初心者あるいは中程度の山釣り経験者向きですから、釣り場への遡行は難しくありません。自然遊悠学のモットーとなる「原始林」内での山釣りを楽しめます。これらはイワナ釣りを目的としておりますので、遡行中心の沢登りはここではやりません。そこでイワナ場の中心にキャンプを実施、イワナ釣り三昧を経験できます。

 続・山釣りイワナ5ヵ年計画について
 2015年度からスタートする個人山釣りイワナ企画です。なぜ一般公開しないかとの理由として、計画しているイワナ場への難易度が高く、かなり身の危険が伴う事があって、そのような危ない場所へは参加者をガイドできないからです。また自分自身の山釣りイワナの目標、こだわりが有り、「大滝」の憧れを秘めている。そこに立てるのはごく一部の山釣りイワナ師だけであり、道中遡行の困難さを乗り越えられなければならない。その山釣り遡行に耐えられる新装備を点検中だ。


 きのこ教室

 山釣りイワナを中心に添える、これまでのイワナ釣行を2015年度は捨て去ることの決めた。8月と9月の山釣り日和をなくすのは自分にとって辛いことだ。しかしながら高嶺の花であるマツタケを自然遊悠学支援者へ充分に贈呈する強い決意で松茸殿に挑む。昨年11月にアカマツ尾根調査が終了、マツタケゲット準備は終わっているから、あとはよそ者にマツタケを略奪されないように死に物狂いできのこを物にする。8月のちびっこ中高年登山熟が終わったら、以降、11月までの4ヶ月間はすべてきのこ狩りに費やす。私にはマツタケ師として尊敬する人がいて、その人いわく「マツタケ料理はすきやきが一番」と酔っ払いながら語った友人のことがが今も脳裏に刻まれている。師は先年亡くなり誠に残念だ。そこで新企画として、松茸づくしを今年は実現したいと願っている。


 山野草教室

 およそ10日間、例年に習って個人でのサンショウ摘みは実地する。この間、1日を割いて一般のサンショウ愛好家へ、山ガイドする。終了後、サンショウ佃煮法を伝授する。


 自然遊悠学新企画プログラム

 開山祭

 山の幸収穫前に、山神様を我が家に呼んでシーズンの無事と山の幸豊作を祈願する。


 山神様へ捧げるブナ帯食文化

 旬となった山の幸を一品料理として1ヶ月に1回、山神様へ備える。山の幸を物にする山人には欠かせない行事であったが、現在はその習慣は絶えてしまったので、ここにそれを復活させる。


 年間山行200日、山人たちの集う山の幸感謝祭

 今年も事故無くシーズンを終えた山人たちの四方山話を山神様へ報告。その感謝を込めて一年を締めくくる行事。


痛めた右膝痛

 弁慶の泣き所といってよい自分自身の欠点なのが、古傷である右膝痛だ。これは記憶にあるだけで4回、右膝を激痛が走ったことがある。これまでは若さがあったおかげで、病院通いなどせずにいつの間にか治ってした。それが昨年、檜枝岐、硫黄沢遡行で再び右膝を痛めてしまう。毎度のことながら病院は行かない。歩きながら治すことにした。現在、6割ほどの回復しているが完治はまだだ、というより痛めた右膝痛は自分の人生における、よき相棒となる。それでも日常生活、山菜摘み、きのこ狩り、山釣りにはさほど痛みはない。問題は山釣りイワナにおける難易度の高い沢遡行に対する右膝への負担がどのくらい生じるかだ。沢には4クラスのコースがあり、困難度に応じてA,B、C、D級の山釣りがある。最高に難しいАの場合、泳ぎ、ヘツリ、難しい高巻き、ザイル技術を伴う。それを単独でやらなければ目的地に棲んでいる、重(おも)イワナへの再会はない。2015年度メイン山釣りは7月末だから、今から装備と体力維持に準備を備えなければいけない。甘い考えでは一気に跳ね返されてしまう。それに負けない忍耐で挑まなけれなだめであろう。ただの岩魚情熱だけでは困難には対処できない。それには十分な体力と遡行技術を養わなければ、帰らぬ人になりかねない。1年間における山釣りイワナのハイライトである、1本の有力困難度のきつい沢遡行に挑戦することに並々ならる執念を燃やしている。その実行のため1年間かけて計画が、続・イワナ5カ年計画となってここに誕生した。それは冬期3ヶ月、寒さに耐えながら乗り切り、春から始まる単純極まる山野草摘み、平渓流での山釣りイワナを重ね合わせた結果、どうにかこうにか厳しい渓谷遡行への挑戦権利を山神様から与えられる。今年が終われば次年度の山釣りイワナ計画が出来上がり、きのこ狩りが終われば次なる山釣り、移行されることになる。この繰り返しで、自分の体力と相談しながら、自分で考えているイワナ5ヵ年計画へ私のノルマは課せられる。これから4ヶ月間、正念場はこれからやってくる。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-02-26 10:31 | 自然遊悠学論
2015年 02月 25日

1050 自然遊悠学新企画プログラム2015年度版

開山祭

~春になれば山は開かれる山人たちの出番となる~
~初山入りに際し、今年の安全登山を山神様にお願いする~
~祝・山入祭~

● 開催概要

■ 開催日 2015年3月上旬
■ 開催地 自然遊悠学の家
e0266825_11351083.jpg

中三依橋からの芝草山、2015年2月25日撮影。
山はこれから開いてくる。

● 備考
一般参加不可


山神様に捧げるブナ帯山の幸食文化再現

● 目的
ひと月のなかで、旬となった山の幸を選択し、一品料理に仕上げる。

● 開催概要

■開催日
3月→フキのとう
4月→ヨモギ
5月→ワサビ
6月→ワラビ
7月→ゼンマイ
8月→チチタケ
9月→マイタケ
10月→マツタケ
11月→ナメコ
■ 開催地 自然遊悠学の家

● 備考 一般参加不可
e0266825_11445856.jpg

フキのとう


ドラム缶風呂

● 開催概要

■ 開催日 2015年のある日あるとき暇なとき
■ 開催地 自然遊悠学の裏庭
e0266825_11491131.jpg

お気に入り温泉の湯をタンクに入れて運び、イワナの棲んでいる渓流水を入れて、焚き火で沸かす。


年間山行200日、山人たちの集い山の幸感謝祭

~年忘れご苦労さん会~
~きのこ鍋ときのこご飯をいただきます~
~2015年自然遊悠学の反省会と来年度の展望~
~未公開秘蔵映像を鑑賞する~

● 開催概要

■ 開催日 2015年12月上旬
■ 開催地 自然遊悠学の家

●備考
年間山行200日それに準ずる山人であれば参加できます。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-02-25 12:00 | なんでもござる
2015年 02月 25日

1049 自然遊悠学教室企画立案2015年度版

山野草教室

旬の山菜サンショウ摘みと保存法

~新緑となった山麓トレッキングしながらサンショウ摘み~
~サンショウ佃煮オリジナルレシピで保存する~
~新緑輝く山麓でリフレッシュ~

●目的
伝統ある山菜サンショウを積み最良の保存法を学ぶ。
e0266825_10204764.jpg

新緑となったサンショウ

●開催概要

■ 開催日 2015年5月9日(土)
■ 開催地 サンショウ自生地
■ 集合地
電車利用、浅草発会津鬼怒川線、中三依温泉駅下車
浅草発あるいは北千住発、特急スペーシアが早く着きます
マイカー利用、東北自動車道、西那須野塩原インター下車、塩原温泉経由で中三依温泉駅へ
■ 集合時間 09:30
■ 終了時間 15000
■ 定員 2名
■ 参加費 1人10000円
■ 食事 朝昼弁当は各自ご用意ください
■ 当日スケジュール
09:30 中三依温泉発
10:30 サンショウ山着、サンショウ摘み開始
12:00 お昼ご飯
12:20 午後からのサンショウ摘み
14:00 サンショウ摘み終了、下山
15:00 サンショウ佃煮講習
e0266825_10212386.jpg

完成したサンショウ佃煮

● 参加応募方法(応募先、問い合わせ)
参加希望教室名、氏名、性別、年齢、住所、電話番号を以下の方法で応募先に申し込んでください
自然遊悠学事務局
〒 321-2803 栃木県日光市中三依257-1
担当 植野稔
メール ブログにあるリンク最後に出てくる「植野稔にメールを送る」をクリック(24時間受付)
電話 0288-79-7373(夕方5時から7時まで)
携帯 090-9018-3118(夕方5時から7時まで)

●服装と持ち物
服装
サンショウ罪ができる出で立ち
持ち物
浦島魚籠(口の広いかご)、玉ねぎが入る赤い袋(サンショウを入れる袋)、弁当、飲料水。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-02-25 10:24 | 山野草教室
2015年 02月 24日

1048 自然遊悠学教室企画立案2015年度版

きのこ教室

夏きのこチチタケ狩り参加者募集

~夏きのこ、チチタケ、タマゴタケ、アカヤマドリを探す~
~アカマツ、コナラ林のきのこ狩り~
~夏きのこベストレシピ公開~

● 目的
夏だけしか発生しないきのこを求めて、山麓をトレッキング。

●開催概要

■ 開催日 2015年8月8(土)
■ 開催地 チチタケのでる山
■ 集合地 中三依温泉駅駐車場
電車利用、ありません。
マイカー利用、東北自動車道、西那須野塩原インター下車、塩原温泉経由、中三依温泉駅へ。
■ 集合時間 06:00
■ 終了時間 13:00~14:00
■ 定員 2名
■ 参加費 1人10000円
■ 食事 朝昼弁当は各自ご用意ください
■ 当日スケジュール
06:00 中三依温泉駅発
06:30 チチタケ山、着
06:40 きのこ狩り開始
12:00 お昼ご飯
12:30 昼からのきのこ狩り
e0266825_10321126.jpg

夏きのこを代表するチチタケ。

● 参加応募方法(応募先、問い合わせ)
参加希望教室名、氏名、性別、年齢、住所、電話番号以下の方法で応募先に申し込んでください
自然遊悠学事務局
〒 321-2803 栃木県日光市中三依257-1
担当 植野稔
メール ブログにあるリンク最後に出てくる「植野稔にメールを送る」をクリック(24時間受付)
電話 0288-79-7373(夕方5時から7時まで)
携帯 090-3118-9018(夕方5時から7時まで)

● 服装と持ち物
服装
山麓を歩く出で立ち
持ち物
リックサック(きのこ籠厳禁)、新聞紙、ビニール袋、弁当、飲料水、雨具


秋きのこマイタケ狩りミズナラ林編参加者募集

~奥山きのこの王様、マイタケを物にする~
~原始林内での森林浴体験~
~マイタケ保存法、ベストレシピ公開~

● 目的
紅葉が始まった原始林でのきのこ狩りトレッキング。

●開催概要

■ 開催日 2015年9月19日(土)
■ 開催地 マイタケのでる山
■ 集合地 中三依温泉駅駐車場
電車利用、ありません。
マイカー利用、東北自動車道、西那須野塩原インター下車、塩原温泉経由、中三依温泉駅へ。
■ 集合時間 06:00
■ 終了時間 13:00~14:00
■ 定員 2名
■ 参加費 1人10000円
■ 食事 朝昼弁当は各自ご用意ください
■ 当日スケジュール
06:00 中三依温泉駅発
06:30 マイタケ山、着
06:40 きのこ狩り開始
12:00 お昼ご飯
12:30 昼からのきのこ狩り
14:00 下山
e0266825_10472210.jpg

天然マイタケ

● 参加応募方法(応募先、問い合わせ)
参加希望教室名、氏名、性別、年齢、住所、電話番号以下の方法で応募先に申し込んでください
自然遊悠学事務局
〒 321-2803 栃木県日光市中三依257-1
担当 植野稔
メール ブログにあるリンク最後に出てくる「植野稔にメールを送る」をクリック(24時間受付)
電話 0288-79-7373(夕方5時から7時まで)
携帯 090-3118-9018(夕方5時から7時まで)

● 服装と持ち物
服装
山麓を歩く出で立ち
持ち物
リックサック(きのこ籠厳禁)、新聞紙、ビニール袋、弁当、飲料水、雨具



植野稔のきのこ祭り里山編参加者募集

自然遊悠学&(株)イケテイによる合同きのこ狩り

~コナラ、アカマツが育むきのこ狩り~
~旬となった秋きのこを探す~
~きのこ鍋とシシタケご飯を賞味する~
~自然遊悠学採集きのこプレゼントがあります~
e0266825_10505543.jpg

2014年度のきのこ祭り、自然遊悠学の家にて

●開催概要

■ 開催日 2015年10月3日(土)
■ 開催地 秋きのこ発生する山
■ 集合地 中三依温泉駅駐車場
電車利用、浅草発、会津鬼怒川線で中三依温泉駅へ
浅草発または北千住発、特急スペーシアが早く着きます
マイカー利用、東北自動車道、西那須野塩原インター下車、塩原温泉経由、中三依温泉駅へ。
■ 集合時間 09:50~10:00
■ 終了時間 17:00
■ 定員 10名
■ 参加費 特別割引料金1人8000円
■ 食事 朝昼弁当は各自ご用意ください
■ 当日スケジュール
10:00 中三依温泉駅発
10:30 きのこ山、着
10:40 きのこ狩り開始
12:00 お昼ご飯
12:30 昼からのきのこ狩り
14:00 下山
15:00 植野稔による採集きのこ鑑定
15:30 きのこ鍋、きのこご飯を食べる
16:30 自然遊悠学採集きのこプレゼントが参加者全員にあみだくじで差し上げます
プレゼントはマイタケ、マツタケ、秋きのこ醤油漬けなど
17:00 反省会、解散

e0266825_10535720.jpg

雑木林でのきのこ狩り

● 参加応募方法(応募先、問い合わせ)
参加希望教室名、氏名、性別、年齢、住所、電話番号以下の方法で応募先に申し込んでください
自然遊悠学事務局
〒 321-2803 栃木県日光市中三依257-1
担当 植野稔
メール ブログにあるリンク最後に出てくる「植野稔にメールを送る」をクリック(24時間受付)
電話 0288-79-7373(夕方5時から7時まで)
携帯 090-3118-9018(夕方5時から7時まで)

● 服装と持ち物
服装
山麓を歩く出で立ち
持ち物
リックサック(きのこ籠厳禁)、新聞紙、ビニール袋、弁当、飲料水、雨具


きのこ礼讃マツタケを食べる参加者募集

~マツタケすき焼き、マツタケご飯、マツタケどびん蒸しをいただきます~
~マツタケ1kg、松阪牛肉1kg食べ尽くし~
~平安貴族が絶賛したマツタケ三昧を再現する~
e0266825_114105.jpg

国産天然マツタケ

●目的
年に一度、高嶺の花、マツタケを賞味する。

●開催概要

■開催日 マツタケが取れた日、予定日は2015年10月10日頃
■開催地 自然遊悠学の家
■ 集合時間 11:00
■ 終了時間 15:00
■ 定員 4名(残り2名)
■ 参加費 1人10000円
 
● 参加応募方法(応募先、問い合わせ)
参加希望教室名、氏名、性別、年齢、住所、電話番号以下の方法で応募先に申し込んでください
自然遊悠学事務局
〒 321-2803 栃木県日光市中三依257-1
担当 植野稔
メール ブログにあるリンク最後の出てくる「植野稔にメールを送る」をクリック(24時間受付)
電話 0288-79-7373(夕方5時から7時まで)
携帯 090-3118-9018(夕方5時から7時まで)


晩秋きのこナメコ狩りブナ林編参加者募集

~ブナ林での今年最終きのこ狩り~
ナメコ、ムキタケ、ブナシメジを探す~
~きのこ保存冷凍法公開~

●目的
きのこ狩りを締めくくる晩秋きのこを求めてブナ林トレッキング

●開催概要

■ 開催日 2015年11月7日(土)
■ 開催地 ナメコ山
■ 集合地 中三依温泉駅駐車場
電車利用、浅草発会津鬼怒川線、中三依温泉駅下車。
浅草発、北千住発の特急スペーシアが早く便利
マイカー利用、東北自動車道、西那須野塩原インタ0下車、塩原温泉経由で中三依温泉駅へ。
■ 集合時間 09:30
■ 就労時間 17:00ごろ
■ 定員 2名
■ 参加費 1人10000円プラス現地移動費。
■ 食事 朝昼弁当は各自ご用意ください
■ 当日スケジュール
09:30 中三依温泉駅、発
11:00 ナメコ山、着
11:10 ナメコ狩り、開始
12:30 お昼ご飯
12:50 午後からのきのこ狩り
14:30 きのこ狩り終わる、下山
17:00 自然遊悠学の家、着、解散
e0266825_1130472.jpg
 
天然ナメコ

● 参加応募方法(応募先、問い合わせ)
参加希望教室名、氏名、性別、年齢、住所、電話番号以下の方法で応募先に申し込んでください
自然遊悠学事務局
〒 321-2803 栃木県日光市中三依257-1
担当 植野稔
メール ブログにある「植野稔にメールを送る」をクリック(24時間受付)
電話 0288-79-7373(夕方5時から7時まで)
携帯 090-3118-9018(夕方5時から7時まで)

● 服装と持ち物
服装
山麓を歩く出で立ち
持ち物
リックサック(きのこ籠厳禁)、新聞紙、ビニール袋、弁当、飲料水、雨具
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-02-24 11:45 | きのこ教室
2015年 02月 23日

1047 自然遊悠学教室企画立案2015年度版

山釣り教室

山釣りイワナ個人釣行

~祝・山釣り2015年発イワナを釣る~
~越冬イワナ事情を観察する~
~渓流遡行できる喜びを実感する山釣り~

● 目的
居つきイワナ、半年ぶりでの再会を果たす。

● 開催概要

■ 開催日 2015年3月下旬
■ 開催地 解禁を迎えた渓流
■ 備考 個人山釣り、一般参加不可。

山釣りイワナ渓流讃歌早春編参加者募集

~大滝上部に棲む居つきイワナを求めて~
~新緑となった樹木の中でグリーンシャワーを浴びてリフレッシュ~
~天然温泉入湯、釣行うの疲れを癒す~

● 目的
山釣りイワナが今年もスタートできる喜びを体験する。

● 開催概要

■ 開催日 2015年4月25日(土)~26日(日)
■ 開催地 イワナの棲んでいる渓流
■ 集合地 中三依温泉駅駐車場
電車利用 
ありません
マイカー利用
東北自動車道、西那須野塩原インター下車、塩原温泉経由で中三依温泉駅へ。
■ 集合時間 25日、05:00
■ 終了時間 26日、15:00ごろ。現地にて解散。
■ 定員 2名
■ 宿泊 オートキャンプ
■ 参加費 1名2日間20000円
■ 食事 各自ご用意ください
■ スケジュール
25日、中三依温泉駅から釣り場へ移動。午後2時頃まで山釣りイワナを釣る。第二ポイントへ。
26日、早朝からイワナを釣る。午後から温泉へ。
e0266825_10495246.jpg


● 参加応募方法(応募先・問い合わせ)
参加希望教室名、氏名、性別、年齢、住所、電話番号を以下の方法で応募先に申し込んでください。
自然遊悠学事務局
〒 321ー2803 栃木県日光市中三依257-1
担当 植野稔
メール ブログにある「植野稔にメールを送る」をクリック(24時間受付)
電話 0288-79-7373(夕方5時から7時まで)
携帯 090-9018-3118(夕方5時から7時まで)

● 服装と持ち物
服装
渓流遡行できる身支度。
持ち物
山釣り用品、餌は各自ご用意ください。

山釣りイワナ山岳渓谷、春渓流編

~滝壺に潜むイワナを狙う~
~現地調達山の幸利用ビバークキャンプ山釣りを楽しむ~
~渓流遡行、沢登り技術を学ぶ~
 
● 目的
渓谷にてキャンプ、山釣りイワナの醍醐味を全身で受け止めるイワナ行。

● 開催概要

■ 開催日 2015年5月23日(土)~24日(日)
■ 開催地 滝壺にイワナが棲んでいる渓流
■ 集合地 現地集合(参加者には後日お知らせします)
■ 集合時間 23日、05:00
■ 終了時間 24日、15:00ごろ。現地解散
■ 定員 2名
■ 宿泊 キャンプ
■ 参加費 1名2日間20000円
■ 食事 キャンプ食料を各自ご用意ください。
■ スケジュール
23日 05:30遡行開始、午後2時頃までイワナ釣り、キャンプ。
24日、午後1時までイワナ釣り、下山。
e0266825_11145680.jpg

 
● 参加応募方法(応募先・問い合わせ)
参加希望教室名、氏名、性別、年齢、住所、電話番号を以下の方法で応募先に申し込んでください。
自然遊悠学事務局
〒 321ー2803 栃木県日光市中三依257-1
担当 植野稔
メール ブログにある「植野稔にメールを送る」をクリック(24時間受付)
電話 0288-79-7373(夕方5時から7時まで)
携帯 090-9018-3118(夕方5時から7時まで)

● 服装と持ち物
服装
渓流遡行できる身支度。
持ち物
山釣り用品、餌は各自ご用意ください。


山釣りイワナ奥山渓谷、源流編

~奥山に棲む居つきイワナ釣り~
~現地調達山の幸を実践体験するの3日間~
~源流での焚き火術を学ぶキャンプ釣行~

●目的
現地調達山の幸で生きていく方法を実施する。

● 開催概要

■ 開催日 2015年6月19日(金)~20日(土)~21日[日]
■ 開催地 奥山にイワナが棲んでいる渓流
■ 集合地 現地集合(参加者には後日お知らせします)
■ 集合時間 19日、05:00
■ 終了時間 21日、15:00ごろ。現地解散
■ 定員 2名
■ 宿泊 キャンプ
■ 参加費 1名3日間30000円
■ 食事 キャンプ食料を各自ご用意ください。
■ スケジュール
19日 05:30遡行開始、午後2時頃までイワナ釣り、キャンプ。
20日、午後2時までイワナ釣り。
21日、下山。午後2時、現地解散。
e0266825_11281654.jpg

 
● 参加応募方法(応募先・問い合わせ)
参加希望教室名、氏名、性別、年齢、住所、電話番号を以下の方法で応募先に申し込んでください。
自然遊悠学事務局
〒 321ー2803 栃木県日光市中三依257-1
担当 植野稔
メール ブログにある「植野稔にメールを送る」をクリック(24時間受付)
電話 0288-79-7373(夕方5時から7時まで)
携帯 090-9018-3118(夕方5時から7時まで)

● 服装と持ち物
服装
渓流遡行できる身支度。
持ち物
キャンプはッエルトビバークとなりなす。
山釣り用品、餌は各自ご用意ください。

●備考
3日間のキャンプ山釣りイワナであれば、中日が1日中あるからイワナ釣りが堪能できます。


続・山釣りイワナ5ヵ年計画個人釣行

~山釣りイワナ源流サバイバル単独釣行~
~滝上の居つきイワナを釣る~
~先人のイワナ遺産を楽しむ~

● 目的
居つきイワナの棲む理由を調査する。

● 開催概要

■ 開催日 2015年7月上旬の3日間
■ 開催地 水源に棲むイワナのいる場所
■ 備考 個人山釣り、一般参加不可。

続・山釣りイワナ5ヵ年計画個人釣行

~2015年山釣りメイン釣行~
~滝と滝に挟まれた、重イワナを釣る~
~単独ビバーク釣行~

● 目的
険しい峡谷に挑戦する山釣り。

● 開催概要

■ 開催日 2015年7月下旬の3日間。
■ 開催地 遡行の難しい沢を目指す。
■ 備考 個人山釣り、一般参加不可。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-02-23 11:57 | 山釣り教室
2015年 02月 22日

1046 自然遊悠学教室企画立案2015年度版

登山教室

ちびっこ中高年初心者向登山塾夏山編参加者募集

主催
自然遊悠学
協賛
エコビレッジみより
ロッジ古代村

~初めての山登り三依富士、芝草山(1341m)に登る~
~山菜・きのこ・樹木に触れながら山頂へ~
~安心安全、ベテランガイドがご案内~

●目的
1 登山を通じて山上世界を体験する。
2 山地に自生する植物ウオッチング。
3 野鳥観察。
4 コナラ・ブナ・ゴヨウマツによる森林浴を浴びて元気になる。
e0266825_15134557.jpg

芝草山からの男鹿山塊が見える。

●開催概要
■ 開催日2015年8月1日(土)
■ 開催地 栃木県日光市中三依地区、芝草山
■ 集合場所 会津鬼怒川線 中三依温泉駅駐車場
電車の場合
浅草発 会津鬼怒川線中三依温泉駅下車
浅草発あるいは北千住発 特急スペーシアが早く便利
マイカーの場合
東北自動車道 西那須野塩原インター下車 塩原温泉経由で中三依温泉駅へ
■ 集合時間 09:30(時間厳守)
■ 終了時間 16:00ごろ
■ 定員 15名(先着順)
■ 参加費 1名1000円(親子の場合、第二子はプラス500円)
■ 食事 朝昼食は各自ご用意ください
■ 当日スケジュール
e0266825_15121714.jpg

2万5千分の1地形図「荒海山」「五十里湖」

中三依温泉駅発 09:40
登山口着    10:00
鉄塔着     10:40
尾根入口着   11:00
ロープ場着   11:50
ブナ林着    12:20
ブナ林でランチ発12:40
山頂着     13:50
帰路は同コースを下山
■ 見どころ
コナラ林、ブナ林、針葉樹などが観察できます
e0266825_1513118.jpg

芝草山のブナ林。

● 参加応募方法(応募先、問い合わせ)
参加希望教室名、氏名、性別、年齢、住所、電話番号を以下の方法で応募先に申し込んでください。
自然遊悠学事務局
郵便番号 321ー2803 栃木県日光市中三依257-1
担当 植野
メール ブログにある「植野稔にメールを送る」をクリック(24時間受付可能)
電話 0288-79-7373(夕方5時から7時まで)
携帯 090-9018-3118(夕方5時から7時まで)
※ 自然派志向者であれば参加できます。
※ 登山の関係上、小学生以上の男女及び保護者。
※ ちびっこ、中高年、単独でも参加できます。
※ 自然遊悠学内規参照、参加者は内規を承認したとみなします。
e0266825_15141390.jpg

亜高山帯に咲くシャクナゲ。

● 服装と持ち物
服装
帽子、タオル、手袋、長袖シャツ、長ズボン、運動靴。
持ち物
ザック、朝昼弁当、飲料水、新聞紙、雨具、嗜好品(あめやチョコレート)

● オプション 
芝草山登山終了後、以下の協賛によるオプションがあります。
エコビレッジみより
テントキャンプ&無農薬野菜耕作体験など
問い合わせ
0288ー79-0371
担当 七田

ロッジ古代村   
宿泊可、10割そばが食べられます
問い合わせ
0288-79-0520
担当 塩野  
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-02-22 15:14 | 登山教室
2015年 02月 21日

1045 山道具の手入れ

e0266825_1443648.jpg


 たまっている洗濯と濡れたままになっている山道具をメンテナンス。それと食料調達へ買い出しに行く。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-02-21 14:45 | なんでもござる
2015年 02月 20日

1044 氷瀑スノーシュー

e0266825_1735090.jpg

はるかに遠い氷瀑地帯。
e0266825_1744432.jpg

私はスノーシュー装着、遠山氏はかんじきで歩く。
e0266825_178695.jpg

84歳の遠山氏、今日も元気で山歩き。
e0266825_1785731.jpg

山釣りイワナへの訓練で山を歩く。
e0266825_17103315.jpg

e0266825_17104986.jpg

3時間歩きっぱなしで氷瀑地に着く。
e0266825_17123167.jpg

お疲れ様でした。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-02-20 17:12 | 山地見聞録