新・自然遊悠学

yuuyuugaku.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2015年 12月 31日

1342 ゆく年くる年

 ゆく年

 大晦日、今日で日めくりカレンダーは残りのない最後を迎えた。例年であれば、雪掃除をやらなければ我が家は吹き溜まりになる。地球規模温暖化かエルニーニョ現象などの影響があって、下野三依地区には積雪がない。例年であれば、クリスマスカがやってきて、まとまった積雪になっている雪景色模様なのだが。厄介な降雪ではあるけれど、山地に積雪がなければ雪解けはなく、山菜、山釣りイワナ、きのこへなにがしらの被害が出る。しかし、山間部降水量は毎年さほど変動なく、帳尻を合わせるから、さほど心配はなかろう。自然遊悠学運営資金調達を山狩りで補填している不安定きわまる、危なっかしい頼りない不満足そのものながら、どうにかこうにか、今年も無事に暮らすことが出来た。そんなお粗末さを露呈してしまった。2015年を簡単に振り返ってみる。

 春の山菜摘みから山釣りイワナそして8月チチタケまで、ここまでは順調にスケジュールを問題なくこなすことができた。さて次はマイタケへ山狩り移行の最中、関東東北豪雨に見舞われる。古老も知らぬねこまくりで、大小渓流からの土石流氾濫、点在する集落を無差別に襲う。被害をこうむった地点を調査すれば、スギ、ヒノキ植林地帯は例外なくやられた。それらの原因を垣間見ると、渓沿いに無差別植林を実施した旧林野庁における拡大造林計画が最大の誘因になったj事実としてある。天然林を伐採(ブナ、ミズナラ)し、其の場にない脆弱極まる針植林葉樹を植えれば、一日降水量650ミリの降雨には耐えられないのだ。渓が無事だった場所の天然広葉樹が踏ん張る天然防波堤の土石流防災効果を改めて知ることができた。家屋が倒壊、マイカーが流され、開墾した田畑は砂で埋まった被災者には声をかける言葉は見つからない。

 「災害は忘れたころにやってくる。」これは定石であるが、下野三依に居を構えて10年余、新潟福島豪雨800ミリ、福島原発事故、そして今年の集中豪雨が我がホームグランドに災害を忘れる間もなくやってくる、天災人災には対処が追いつかない有様に苦慮しているのが現在の心境だ。自然遊悠学フィールドに大打撃を与えた場所の調査を暇を見つけて山歩きをやっては見たが、まだ調べは道半ば。今後途方もない日数を要すことに対して悩みは尽きない。

 今年の後半戦山狩り、水害対策に明け暮れたといっても差し支えない。そのあおりで、きのこ狩りは不十分消化不良で終了、史上空前不昨年を間の当たりにして落胆を隠せない。そんな悪夢から脱出させる手段として、唯一無二朗報である、以後5年程度安心安全運転可能マイカーを手に入れることが出来た。さまざまな夢を載せて走行できるから、希望はこれで更新できる楽しみがある。また例年実施している、きのこ祭りにおけるスタッフを加えて15名参加という、きのこ祭り最大人数でやることができた。くしくも我が友人、遠山さん同行ラスト山行きとなった思い出がある。それから間もなく訃報が伝わりマイタケ師は亡くなった。

 激動2015年は今日で終わる。今年も自然遊悠学も皆様のご理解協力があって運営できた。重ねて御礼申し上げます。皆様、良いお年をお迎えください。
 くる年

 2016年申年。悪いことはサルという。こんな縁起を担いで来年こそ自然遊悠学発展、皆様のご健康、ご多幸を迎える、良年になってほしいと願って止まない。

 



 

 

 
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-12-31 12:09 | なんでもござる
2015年 12月 30日

1341 病気にならない健康法

 好きなことを勝っ手放題にやる。これが我が人生の歩む道だ。それをやるには元気でいられることが前提条件となる。身体の具合が悪ければ、やる気持ちが起きない。健康生活こそアウトドアライフを面白く楽しむ遊びの達人への入り口となる。そこで、病気にかからない健康法なる決め手はあるのか。風邪をひかない健康法はあるのか。ガンにかからない健康法はあるのか。つつましい我が家における毎日の生活習慣はどのように暮らせばよいのか。さまざまな諸問題に対して、自分であれこれ考え考慮する、医者にかからない植野我流健康法なるものをそれなりに実行実施したおかげで、病院知らず生活スタイルを確保できた。ここまで人生70年、まだ老眼鏡なるメガネは必要なく、気にかかる体調不良など一切ない。ただ、度重なる山歩きの影響であろう、利き足を痛めた右膝痛のことだけが今後やる、山釣りイワナ目的実行最中に再発しないことが気がかりだ。しかし、山菜摘み、きのこ狩り、軽い山釣りイワナぐらいであれば長いあいだ、やることも可能といういささかな自信を有している。問題は遡行難易度高いイワナ場への対処をどのようにすれば、快適なイワナ釣りが出来るのかを現在考慮している。前書きが長くなった。以下は病気にならない自然遊悠学推薦健康法を述べる。ただし、条文理由詳細は省略する。

 1  自然水を飲む→人体の60~70%は水分、その飲み水を消毒済み水道水を使うか、それとも自然水を使うか。どちらを日常生活における、飲料水によって人の寿命長短に影響を与える。水道水を飲む場合、ジカルキ、塩素を除去できる浄化設備を整えればある程度安全な飲み水となる。

 2  ストレス解消生活を試みる→病は気から生じ病気を誘発する原因のひとつがストレスだ。人であれば例外なくストレスは起こる。精神を休養させる温泉、あるいは休日における気分展開を実施する。普段の欲求不満は後日に持ち越すことなく処理することが、長く生き延びるコツといえる。

 3  添加物食品は摂らない→食品添加物承認世界一である日本、市販品の大半には例外なく添加物が潜んでいる。特に長く保存できる食べ物は要注意。そこにはガンを誘発する防腐剤が含まれているからだ。また着色された食品も一見、上手そうに陳列し、食欲をそそるものの、こんな食べ物は無視することが大切に思う。特に中国輸入食品要注意。

 4  季節感体験→四季が彩る季節移動を楽しむ。

 5  芸術的目標を持つ→仕事以外で何でもいいから徹底的に物事を追求する。

 6  メモ帳持参→一般生活のなかで、これから役に立ちそうな事項をメモする。

 7  ど忘れ解消→若いころなら問題なかろうが、高齢者クラスの位置にいる人の場合、ど忘れ事項が怒ることがある。例えば人の名前、漢字が書けない、数日前のことを忘れているなど。それは頭脳回路不通になっている。その対策として、思い出せない事柄を苦労してもいいから、必ず、解決させ後日に持ち越すことは避ける。常に脳細胞を正常状態に保つことを心がける。時には書物を読む行為はボケ防止につながる。

 8  生薬利用→胃腸、肝臓、血液浄化など五臓六腑新陳代謝を副作用うのない生薬で整える。それは古い時代に生まれた、民間薬草伝承法を今に残す病気対策東洋医学がある。東洋医学の特徴として、未病思想なるものがあり、病気にかかる前にあらかじめ生薬によって予防する、病気にかからない手段がある。いずれにしても西洋医学で行くのか、それとも東洋医学で行くのか。それは各位の自由だ。

 9  歯磨き励行→食べる度に歯磨き。

 10 よくかむ→暇がある食事であれば、口に入れた食べ物をよくかみ、唾液を混ぜで胃に伝える。早食いは胃腸負担が重く、よくかめば胃腸を早めに休ませることが出来る。

 11 間食は果物→三食以外の食べ物は果物を摂る。

 12 適度な運動と快適睡眠→体力を過度に消耗する過激な運動は出来る限り避ける、時間があれば一日4キロ程度の歩行を実行する。毎日、適度な運動さえやれば、決まった時間、決まった睡眠を約束できる。夜間、睡眠がままならない場合、医者が調合した睡眠薬は避ける。睡眠薬を常用すれば次第の睡眠剤効果が薄れ、強い薬を飲むことになり、中毒になってしまう。出来る限り自然睡眠を心がける。

 13 趣味を楽しむ→アウトドア、インドア、両者を適度に行うと生活のリズムが生まれる。

 14 知の巨人になる→誰だって勘違いはある。間違ったことをそのたびに修正しながら、知の向上に励む。 
 15 食べ物は自分で工夫しながら作る→信用できる食材をそろえて買い物、それを自分で調理保存。出来る限り、一日30種の食品を調理摂取することを命じる。

 16 種物を摂る→植物新芽、果実は栄養分の塊だ。今流行りの青汁は食べない。ビタミン摂取は生鮮植物を噛み砕き唾液を混ぜ胃腸に送っていただく。

 17 塩分控えめ→一日の塩分摂取は8グラムと厚生労働省は唱えている。塩分が多めであれば、運動効果で塩分を体外に放出させる。

以上自分で考えた健康法を一日も休むことなくまじめに実地したおかげもあり、病気をすることもなく無事に暮らすことが出来ている。何事も真剣に取り組んでいたいすれば、病などなく向こうからやってくることなく、病気を蹴散らせながら、それを向こう側へ追いやることを信じて止まない


 訂正とお詫び

 遠山さんが亡くなった日は12月16日です。遠山マイタケ師のご冥福を心からお祈り申し上げます。
     



 
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-12-30 12:07 | 不老不死
2015年 12月 29日

1340 単独行

 山へ行く方法。この行動に対して、単独で行く場合とパーティーを組んで行く二手の手段がある。いずれも短所長所があって、安全帰環を最優先しなければいけない。若かりしころ、「山で死ねたらそれも良かろう。」と、こんな志向があったが、年月が経過するいちに、「命の大切さを知る。」それは生きている間、自分で考えた8000種植物群の中で、日本に自生している山地植物ぐらいは目が黒いうちに、できるだけ拝見してみたいと願いをこめた、ひとつの理由があったからだ。未だ見ぬ野生植物がどこにどのような姿で、植物種をこの世に継続している様に、かなりのめりこんだ興味魅力を抱き続けて今日に至る。山地植物探索であれば、単独行動が手っ取り早い。大方、植物名を知るには「花の開花時期」と相場は決まっている。そこで実際に行動する際、友人知人との同行もよかろうが、彼らの休日は定休日なるものが存在し、人の都合日程に合わせなければいけない。しかし、それより一人での暇な時期を瞬時に決定できることを優先している。以下は同行者との山行きで、失望した経験を披露する。

 一時、野生ランブームのころ、仲間3名できのこ狩りの最中、ラン開花はすでに終了していたが、葉しかないものの自分のラン知識であれば、たやすくラン名を即座に判断できた。「この花は貴重なランだから大切にしている。」こんなことを友人に言ったことを記憶している。それから数年後、友人宅に御用があって立ち寄り、なんとなく庭を眺めたら、あの野生ランが飛び込んできた。それもかなりまとまったらんが6月ゆえに咲き誇っていたではないか。自分は言葉を失い落胆してしまう。1歩2本なら許すと徒が出来よう。ラン野性自生地の全部を盗掘した事実がここにあった。当然、採集された場所に春になれば逞しく咲いている欄の姿は皆無であった。それ以来、問題の友人とは決別し、特別な理由がない限り、高山植物ウオッチングでは単独行動と決め込んでいる。

 花同様、山菜、きのこ、イワナでもあの痛ましい事件以来、単独行を心がけている。それは度重なる裏切り行為に手を焼いた結果そうなった。知人に山狩りを教えれば、良かろういい思い出が脳裏にインプットされ、記憶を受け継ぎ、山の掟違反を日常茶番劇のごとく、山を荒らされた経験が多々あった。せめて一言、山狩り日を知らせてくれればよかろ。それもやらないで勝手に行ってしまえば、山狩り日が自分と重なり、バツ悪そうないやな出会いもあるのだ。いずれにしても自分の遊び場は自分だけの秘密の山狩りがあって、誰も知らない誰とも行き会わない、そんな場所へたった一人で自然遊悠学をやってみれば、たとえようもない快感を享受する喜びが単独行には存在する。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-12-29 12:16 | 自然遊悠学論
2015年 12月 28日

1339 見解遊悠学

 見解ということを自分なりに解釈すれば、事物を自らの目で眺めながら、そのものの本質正体を解き明かすことを意味する。一般には見聞録としてみたり聞いたりした事柄を記録した資料がある。しかし見たことと聞いた話しでは天と地の差位を生ずる。自分の知らない知識を他人様に聞き及んだ知識を丸吞みしてしまう場合、とんでもない勘違いで自分の脳裏に刻み込まれ、時に大恥を招くことが多々ある。

 他人を信じる、それは他人に知識であり、自ら得た知識ではない。現在、自分もパソコンを持っている。コンピューターという巨大頭脳を一台有していさえすれば、何事へも素早く反応して知識を見聞できる、検索という便利な謎解き入り口を知りえることが出来る。しかしながらパソコン知恵とて、所詮、他人の見聞であり、そのものがすべて信用できるのかという、いささかな疑問がある。

 信じることができる知、それは自分で自然事象を見参しながら、事物の正体を謎解き解析すること。

 「信用できる情報は他人様へ依存せず。」これがここまでたった一人で自然遊悠学という学問を切り開いた、見解遊悠学なる取り組みの骨子一環だった。単身であるゆえ、ひとつのテーマにかなりのロスと繰り返しが重なり、ものの解明には時間が要することになる。それでも長い年数年月をついやすれば自然知を自分のものにすることが可能だ。しかし、知り得た知識とて、ある日ある時の出来事でもって、一瞬の間に知り得た知識が葬られてしまうことがあって、知の解明は複雑怪奇、大願成就への道は遥か遠いもので、それは幾つもあるひとつの一里塚のごとく、幻の里程標にすぎないから厄介なのである。

 岩魚みち、未だ山腹なり

 人生70年、単身でイワナという渓魚を追いかけていたが、「日本全土イワナ止めを見る」50年前の目標達成はならず、今だに初心に掲げた夢の実現は出来ないでいる。日本列島は長く広く、体力、軍資金がこれから課題となり、思うようには事が進行してない。けれども、自分の余命は今後、10年以上はあると信じている。気ままにのんびり山釣りイワナを実施すれば、いつかある日、目的地到着を果たすことができるかもしれない。

 
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-12-28 11:09 | 自然遊悠学論
2015年 12月 27日

1338 冬将軍

e0266825_152591.jpg


 ここまで積雪なし。今日から曇天の雪雲がやってきて、山地はそろそろ根雪となる。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-12-27 15:26 | 森羅万象
2015年 12月 26日

1337 おでん

e0266825_15261229.jpg


 冬は温かいおでんが上手い。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-12-26 15:26 | なんでもござる
2015年 12月 25日

1336 2015年度 自然遊悠学10大ニュース

 1  関東東北豪雨
e0266825_10245127.jpg

9月8日、9日、10日、11日まで連続集中豪雨に見舞われた男鹿川。
水位10mオーバー、一日雨量650ミリを記録、100年に一度の豪雨となる。

 2  マイカー来る
e0266825_10321782.jpg

遠距離走行可能4輪駆動車をてにいれる。
後部座席宿泊できるから、山釣りイワナ釣行に使える。

 3  遠山さん逝く
e0266825_10362413.jpg

10月24日、遠山自宅にて。
12月17日、午後9時ごろ天国へ旅たちました、享年84歳。
遠山さんの遺志を継いで、伝統ある山狩りを今後も続行いたします。
ご冥福をお祈り申し上げます。

 4  イワナ5カ年計画終わる
e0266825_1043469.jpg

天然居つきイワナ
野性イワナの魚形、この写真では尾の大きさは天然イワナにふさわしい大型で立派だ。
イワナ遍歴のなかでのテーマ、美しい魚形を求めるのが、イワナ旅の醍醐味でもある。
e0266825_10463624.jpg

イワナ5カ年計画であるが、天然ヤマメ釣りも同時進行させている。
年数をくったヤマメは体側に赤ラインを帯びるヤマメが天ものの証である。

 5  きのこ不作
e0266825_10534787.jpg

きのこ収穫した場合、早くの下処理をやる。
今年のきのこ不作できのこ処理は苦労なしに終わる。

 6  東京滞在
e0266825_10564740.jpg

浅草からの世界一のタワー。
自然遊悠学最大支援者、大姉様マンションで3日間生活する。
70歳になっても年末正月買出し資金小遣いいただく。

 7  40オ-バーイワナ目標ならず
e0266825_116175.jpg

36センチ雌イワナながら、これより大きいオスイワナが同時に棲んでいたが、何故か小さいイワナを先に掛けてしまう。言い訳するわけではないものの、魚止め淵中央に沈み倒木が邪魔になったようだ。

 8  きのこ祭り、盛大に実施する
e0266825_11151071.jpg

年1回のお祭りゆえ、マイタケ、ホンシメジ、マツタケを参加者全員無料配布できた。
みんなで、シシタケご飯ときのこ鍋を賞味する。

 9  チチタケ(チタケ)やや豊作
e0266825_11205190.jpg

栃木県名物チタケが5年ぶりに豊作発生する。
ここまでは天候順調、それから9月になって集中豪雨に見舞われる。

 10 地球温暖化傾向進行中
e0266825_11252764.jpg

集中豪雨で倒壊した民家、芹沢地区。
災害は突然やってくるがシギやヒノキ植林のおかげで被害は拡大した。
現在の天候予測は難しく、雨が降らない日、雨が降ったら豪雨になり、最近の機構は狂いに狂い予測は出来ない。

 番外編

e0266825_1131514.jpg

野生ランが微笑む。
野生山地植物探索も、自然遊悠学のテーマになっている。
e0266825_1134067.jpg
 
源泉賭け流し温泉入湯では気分展開となる。

 まとめ

 2015年はまもなく終了、どの程度野外活動実施をやれたか定かではない。1年の3分の2は入山できたのではないかと目標は今年もクリアーできたようだ。これらは自然遊悠学支援者カンパのおかげで持って各地へ行って遊悠学できた。改めて御礼申し上げます。次年度遊悠学ツアー骨子は固まり、早めの発表予定でいます。お楽しみください。遠山さんが亡くなってしまい、来年度はたった一人での山行きとなる。我が精神を支える弘法大支空海に加えてそこに遠山を挟んだ、同行3人で事に当たる。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-12-25 11:48 | なんでもござる
2015年 12月 24日

1335 牛飼い手伝い

e0266825_14441833.jpg


 下野横川地区にて牛飼い洋さんの手伝い、日ごろお世話になっている御礼返しだ。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-12-24 14:46 | なんでもござる
2015年 12月 23日

1334 新・イワナ5カ年計画

 見果てにぬイワナ渓

 旅たちの前に

 2010年度からスタートさせた、イワナ5カ年計画であったが資金不足とマッカー遠距離走行不足のおかげで、さほどの成果なしに終わった。そこで心機一転、有り金をはたいて、後部座席で寝ることが可能な車を手に入れることが出来た。かなり年配イワナ釣り師になったたった一人の単独源流釣行の際、テント幕営はきつい。夜露に濡るたテント泊などまっぴらごめんだ。手に入れたマイカーであれば車中泊はやさしい。車走行とテント泊まり、二手はクリアーできた。イワナ熱はまだ冷めていない。残る古傷、右膝通さえ再発しなければ、2016年度から始まる、新・イワナ5カ年計画はクリアーできそうな気がする。現在、探索する渓流群を選抜中だ。これまでに調査遡行した実績があるので、土地勘はすでに手中にある。残るは軍資金であるものの、自然遊悠学支援者各位の協力を得ているからなんとかなる。

 憧憬のイワナ渓

 イワナに拘わって50年余、これまでにイワナ職漁師が生活を賭けてイワナを釣りこんだ地域での釣行は控えていた。彼らの生活場をよそ者である自分の釣欲だけで荒らすことは、イワナ釣り仁義に背く行為と判断。だから自分のイワナ遍歴の空白部になっていた理由があって、魅力ある渓流ながらイワナ場の入渓足跡の赤マーク少数行き止まりに、常々不満足を抱いていたのである。今日、イワナを卸す職漁師はこの世にいない。正々堂々と誰にも遠慮することなくイワナ釣行はできるから、自分ひとりで密かに微笑んで喜びを隠せないでいる。転々とあったイワナ遍歴を赤線で繋ぐことが、見果てぬイワナ夢実現こそ、今の自分に課せられた無報酬での旅となる。イワナ地域空白部調査こそ、イワナ遍歴総仕上げに値すると考えている。その作業において、ほとんどが単独行となろう。イワナ場遡行準備は着々と整備中だ。

 地域イワナ調査研究の魅力

 職業イワナ漁師が古くから育った関係上、魚どまり付近までイワナが棲息しているのが実に面白い。超高度滝とて、先人のイワナ放流があるから、滝上部までイワナを確認できる。それとイワナ移殖がかなり古い時代に実施されたことで、いつきイワナ魚形の見事さは群を抜いて美しい。特に源流イワナ主点は東北イワナと比べて他の追従を許さぬ魚形を保つ優雅さは深奥イワナ所以を遺憾なく発揮し、我を忘れることがこれまでのイワナ遍歴が証明してくれている。

 課題

 若いころであれば、これからやろうとしている地域イワナ調査など、ひと夏ぐらいであっさり解明可能ながら、70歳になった現在、体力維持とバランス劣化が遡行難易度上位渓流イワナ棲息群に対して、どの程度持ちこたえられるのか。それに何度か痛めたことがある、利き足右膝通とが遡行クリアーの目安になるかもしれない。これらには一気遡行方式はやめて、様子を見計らいながら、マイペースで事に当たる。いずれにしても能力以上の釣行はやらない。それが安全帰還になるから、、、、。まあ、ゆっくり落ちついて無理せず3年から5年ぐらいかけてやり遂げられればそれでよかろう。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-12-23 14:50 | 岩魚物語
2015年 12月 22日

1333 冬至

e0266825_15191689.jpg

今日は冬至、この日にカボチャを食べれば脳梗塞にかからないという言い伝えがある。
e0266825_1521874.jpg

健康を保つには適度な運動が必要になる。寒い最中、付近を歩く。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-12-22 15:22 | なんでもござる