新・自然遊悠学

yuuyuugaku.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 05日

237 スノーシュー渓流トレッキング

 のんびりわくわく気まぐれoutdoor2013file17スノーシュー渓流

 スノーシューで渓流ウオッチング&太郎岳・次郎岳遠望

e0266825_16191846.jpg

月光を見ながら渓流を歩く。
e0266825_16205083.jpg

入山沢本流渓流。
e0266825_1621193.jpg

60センチの積雪がある。
e0266825_16214989.jpg

入山沢林道を外れ渓流部に向かう。
e0266825_16225569.jpg

入山沢渓流中流部。
e0266825_16232936.jpg

積雪で本流は埋まっている。
e0266825_16241064.jpg

平瀬の本流。
e0266825_1624362.jpg

次郎岳を目指してスノーシュー。
e0266825_16252196.jpg

硬雪で歩きやすい。
e0266825_1626225.jpg

落ち込みのある本流。
e0266825_16264597.jpg

ヤマメ、イワナ混生域地帯。
e0266825_16284495.jpg

本流と別れ沢を歩く。
e0266825_16295254.jpg

深雪に悩まされながら沢遡行する。
e0266825_16305123.jpg

深い沢となる。
e0266825_16314163.jpg

小滝で競り上がる。
e0266825_16324521.jpg

落差のある沢。
e0266825_16331714.jpg

新雪だから30センチ程度スノーシューは沈む。
e0266825_16344170.jpg

雪崩で沢は埋まる。
e0266825_16351537.jpg

激しく立ち上がる沢。
e0266825_1635553.jpg

沢上流は積雪があり埋まっている。
e0266825_16365245.jpg

本流に戻り上流へ。
e0266825_1637266.jpg

期待のクマタカ飛翔があった。
e0266825_1638798.jpg

次郎岳、左のピーク。
e0266825_16384748.jpg

太郎岳、迫力満点。

 孤軍奮闘記

 快晴文句なし。朝から晴れている中、早めに自宅をでる。最終人家からスノーシューを装着。スノーモービルわだちが残されているから歩きやすい。早朝の冷え込みで雪面はカチカチ。なるべく沢沿いをスノーシューする。入山沢へ注ぎ込む沢を遡り、上流を偵察。やはり沢は埋まっていた。
 お昼前、太郎岳展望地に着く。ここからの眺めは最高だ。太郎岳と次郎岳双児峰が気に入っている。おらが山だけあって、アルペン的なところがベストだ。それに積雪が載って冬季らしくて良好と言える。今年、新ルートで山頂へ登る計画を持っている。今日も平日だけあって人は誰もいないのが何よりだった。













 
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2013-02-05 16:54 | 山地見聞録


<< 238 温泉      236 スノーシュー >>