新・自然遊悠学

yuuyuugaku.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 26日

922 アカマツ・コナラ林のきのこ狩り

e0266825_1781447.jpg
e0266825_1783230.jpg

アカマツと共生するクロカワ。
熱湯でゆがいて焼いて食べる。
e0266825_1794721.jpg

ハエトリシメジ
e0266825_1710113.jpg

ケロウジ不食。
コウタケと似ている。
e0266825_1711640.jpg

松茸山遠望。
 
 2本目の尾根へ

e0266825_17121459.jpg

ヌメリスギタケモドキ
e0266825_17124796.jpg

チシオダケ
e0266825_17131882.jpg

昔食茸、今は毒茸、スギヒラタケ。
e0266825_17143297.jpg

マツタケ場。
何もない。
e0266825_17151951.jpg

今年豊作? ムラサキシメジ。
e0266825_17161450.jpg

薬用きのこ、ツリガネタケ。

 3本目の尾根へ

e0266825_171774.jpg

アカマツ林
e0266825_17183711.jpg

コナラ林
e0266825_1719727.jpg

ブナハリタケ
e0266825_17193917.jpg

今年豊作? クリフウセンタケ。

 きのこ孤軍奮闘記

 マツタケを求めてアカマツ林を歩く。昨日雨が降ったのでマツタケゲットの可能性あり。こんな計算で山を探索。けれども今日のマツタケ姫は機嫌が悪く、全く姿を現すことなくきのこ狩りは終わる。高嶺の花マツタケは簡単に手に入ることなく、やはり採集は難しい。それにしても今日は気温が高くこれではマツタケ殿下登場には至らない。マツタケは気温低下松のようである。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2014-09-26 17:26 | きのこ自然誌


<< 923 秋きのこ狩り      921 お知らせ >>