人気ブログランキング |

新・自然遊悠学

yuuyuugaku.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 20日

1188   カラスアゲハ舞う渓山釣りヤマメ

e0266825_16304857.jpg

カラスアゲハ
アゲハチョウの仲間では最大級の大きさだから、優雅にその雄姿は迫力がある。

今日のヤマメ

e0266825_16351816.jpg

e0266825_16354769.jpg

e0266825_1636826.jpg

e0266825_16362755.jpg


孤軍奮闘記

そこで生まれ、そこで育ち、そこに産卵する天然ヤマメを私は居つきヤマメと呼んでいる。そのヤマメを釣るには大変苦労が伴う。昔からヤマメ釣りは一里一匹といわれているように、良型ヤマメは大変賢い。アタリのないまま餌だけかすめとるしぐさはしばし脱帽してしまう。
今日は万を期した覚悟でヤマメ釣りに向かう。台風11号の置き土産があってヤマメ日和は上々のコンデション。いまは増水が収まり、渓水の引きがあって、賢いヤマメもこのときがかりはなりふり構わず荒食いをやってのける。ここには3度通っているが、未だに良型ヤマメのヒットなしと自分の敗戦が続いている。ヤマメポイントは5箇所、いつもいるヤマメを狙って釣るには今しか時期はない。
ヤマメの餌を探すこと1時間あまり、ゆっくりポイントを狙ってフィッシュオン。しかしヒットなし、釣り座を移動して再度挑戦。繰り返しの投餌で要約1匹目のヤマメを釣る。今度はヤマミミズをつけ大型ヤマメに向かう。そこを流すこと数回、ヤマメらしきアタリに反応しヒットする。しかし、0,5号のナイロン糸はなぜかおもりしたから切れた。ヤマメの勝ちに頭をいためる。
ヤマメつりは1時間30分であっけなく終わる。それでも尺を切るヤマメを頭に4尾釣ることができた。尋常可憐なイワナちゃんと比べて、気が抜けない真剣勝負が出来るヤマメ釣りはヤマメとの対峙が出来るから、メインイワナ釣りの合間を埋めることができる。
今回のヤマメ釣り、見置きヤメメの借りを返すことが出来たので気分は爽快である。
本日は連休ラスト。イワナ場、ヤマメ場を釣るポイントへ他見ナンバーのマイカーと宇都宮ナンバーの自家用車が駐車してあり、あいとかわることなく釣り人は多い。

e0266825_17233920.jpg


by yuuyuugaku-ueno | 2015-07-20 16:33 | 岩魚物語


<< 1189 ハギ咲く渓山釣りイワナ      1187 コナラ渓山釣りイワナ >>