新・自然遊悠学

yuuyuugaku.exblog.jp
ブログトップ

2014年 07月 18日 ( 1 )


2014年 07月 18日

848 山釣りin北海道その3

 グルメ

 山釣りが終了したので、あともう一つ新鮮なウニ丼が食べられる場所へレンタカーを走らせる。国道に白樺、原生林ぽい森にエゾマツらしい針葉樹が林立していて、ここが北の大地であることを証明している。「飲み物」と今井、コンビニに立ち寄り、いつも飲んでいる健康に良いアクエリヤスを買ってもらう。今井は自分が喉が渇いたら同行者も同じだろうと、年寄りを気ずかってくれる、なかなかの好男子とみた。
 「歩き屋さんがいる」トンネルを越えたた人家など一軒もない車道をひたすら歩いている。散歩にしてはかなり遠くの距離まで歩いているではないか。年齢は80歳程度、そもまま通過すること6キロ地点に道路工事旗振り誘導人がほとんど車が通過しない国道で通過許可サインの旗をたすき掛けに振っていた。「関わるな」「面倒になる」私の忠告を無視して、人の良い今井は旗振りマンの前で停車、老人の事情を告げる。
 「ああああの人」、ややどもり気味な赤銅顔旗振りマン曰く、「あああ、昨日も歩いていたから心配いらない」。私たちはこれで安堵、レンタカーは一路北へ向かう。
e0266825_10305363.jpg

魚貝類豊産地、日本海。

 ウニ丼屋さ~ん

 山釣りが第一目的だがそれに匹敵する第二目標、それが解禁を迎えたウニグルメがある。出かける前、どうせ食べるなら前と同じ店へ行こう。ネットで調べた結果、それらしい荒川という屋号をみつけた。これが山釣りこだわるのと同様グルメでも同じ、私と今井の願いである。海岸沿いにある漁港の近くを片っ端から探す事1時間30分、時間切れだ。それは25年という時間が、記憶力良好な今井の感でも見つからなかった。
e0266825_10494910.jpg

日本海が見える高台の店で食べたウニ丼。
25年前は2000円だったが、今回の定価は税込3850円、およそ2倍に跳ね上がっていた。
それに器、前回は寿司盛り合わせ器だったが、今回はちらし寿司器だ。
ウニ味ときたら例えようもない甘みがあり絶品であった。

 千歳へ

e0266825_10583830.jpg

札幌電波塔。
e0266825_10591567.jpg

日本ハム本拠地、札幌ドーム。

 札幌ラーメン

e0266825_1115062.jpg

豚骨味噌ラーメン。
定番のラーメンを千歳空港でいただく。
さほど脂っこくなくうまかった。

 さらば北海道

e0266825_1142888.jpg

機内にて。
女性搭乗員は年増で今井の後ろにいる。
e0266825_1162875.jpg

高度10000m、積乱雲の上だ。
e0266825_1172222.jpg

成田空港が近くで利根川が見える。

 明日へ続く
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2014-07-18 11:09 | 岩魚物語