人気ブログランキング |

新・自然遊悠学

yuuyuugaku.exblog.jp
ブログトップ

2016年 03月 10日 ( 1 )


2016年 03月 10日

1412 春がやってきた

e0266825_14155698.jpg

春の七草、ナズナ
アブラナ科の多年草、葉の中心部から茎を伸ばし白花を結ぶ。
e0266825_14182082.jpg

オドリコソウ
春一番に山地路傍に咲く。
e0266825_14192952.jpg

春の七草、ハコベ
ナデシコ科の越年草、山地から都会まで広い分布域を持つ。
子供のころウサギの餌に使った。
e0266825_14232432.jpg

ユリ科の多年草、アサツキ
湿り気のある野原に春早く芽が出る。
早春に発生するから薬味として重宝する野草。
e0266825_14324041.jpg

せり科の多年草
田セリと川セリがあり、香りは前者が勝る。
e0266825_14361338.jpg

オランダカラシ、アブラナ科の多年草
通称クレソンとして暖地では1年中利用できる。
e0266825_1439760.jpg

フキノトウ、クキ科の多年草、白花は雌花。
e0266825_14413254.jpg

フキノトウ、キク科の多年草、黄白色は雄花。
 フキは雌雄異株、春先にフキノトウを伸ばし、やがて花のついた茎となる。花期が終了すれが地下根茎からフキを伸ばし、腎臓形の大型葉を結ぶ。
e0266825_1447453.jpg

シイセン、植栽されたものが山地斜面に自生するようになった。
e0266825_14482292.jpg

ネコヤナギ、前回と比べ花が咲いた。
e0266825_14491930.jpg

キク科の多年草
モチグサとして親しまれ、ヨモギ団子やてんぷらに利用できる。
e0266825_14513835.jpg

セリ科の多年草
香りが強烈なので湯でこぼしてからおひたしに利用できる。
e0266825_14542487.jpg

セイヨウタンポポ、キク科の多年草
タンポポといえば本種を指し、ニホンタンポポは帰化植物に自生地を追われ、めったに見られなくなった。

 雪解けを待つかねたように野草たちが一斉に芽を出し始まる。これから日増しに山菜採集時期を迎える。

by yuuyuugaku-ueno | 2016-03-10 15:00 | 山野草図鑑