新・自然遊悠学

yuuyuugaku.exblog.jp
ブログトップ

タグ:秋きのこ ( 53 ) タグの人気記事


2015年 10月 17日

1272 秋きのこ終わる

 秋きのこ総括 

 9月になれば、暑い日差しは多少和らぎ、序々に山地温度は低下する。すると待ちかねたように初秋きのこが登場する。相変わらずイグチ類は夏からの延長で山斜面を彩る。奥山に入ればミズナラの根元にマイタケが発生する。

e0266825_14574855.jpg

奥山の主マイタケ。

e0266825_1505950.jpg
 
里山を代表するきのこマツタケ。
地上に頭を出してから5日ぐらいでこの大きさになる。
e0266825_1524064.jpg

地上に出てから10日ぐらいかかってマツタケ傘は開く。

e0266825_1543589.jpg

ホンシメジ
e0266825_1552516.jpg
 
地上に出てから5日程度でホンシメジ傘は全開する。

e0266825_1564871.jpg

シシタケ
独特の香りがあってコウタケとも呼ばれ、きのこご飯に最適きのこ。

 マイタケ、マツタケ、ホンシメジを三大きのこといって、プラスシシタケを加えたきのこをきのこ狩りの主目的とすることに対して異論はなかろう。そのきのこ狩りが本番を迎えようとする最中、9月10日の関東東北集中豪雨がきのこ場を襲い、優良きのこシロに大打撃を加えた。8月のチチタケ狩りまで順調に推移していたのに、100年に1回の豪雨によってきのこ事情を一変させたきのこへの影響は計り知れない。よってきのこ豊昨年にもかかわらず、きのこ不昨年に陥落、きのこファンを失望させた。本来であれば、秋きのこはまだ発生中なのだが、各種きのこシロへの記録的な豪雨がきのこシロを流出死滅させた影響は多大だ。いま、秋きのこ終了のゴングを鳴らす結果に終わったことは改めて自然の猛威になす術もないきのこ物語の複雑怪奇現象にただ戸惑うばかりだ。以上のことがあって、自然遊悠学きのこ狩り史上最悪で秋きのこは負の遺産を残しながら幕を閉じた。
 これから晩秋きのこから初冬きのこに移るものの、沢筋にあった大半の残地倒木が豪雨で失われてしまい、以降のきのこ狩りにさほどの期待はできない。それでも記録的降雨被害からまぬかれたきのこ場もあるから、10月いっぱいは木材腐朽菌きのこ採集は可能であろう。自然災害を悲観していたらきりがない。ここからは前向きに新ルートによるきのこ場開拓に精を出さなければならない。

それにしても今、秋きのこが終わるなんて信じられない心境だ。
 
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-10-17 15:45 | きのこ自然誌
2015年 10月 15日

1270 アカマツ尾根

e0266825_1557775.jpg

アカマツ尾根を登る。
e0266825_15574356.jpg

秋晴れ山地紅葉。
e0266825_15581964.jpg

一休み。
アカマツ尾根にマツタケなし。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-10-15 15:59 | きのこ自然誌
2015年 10月 14日

1269 秋きのこ

e0266825_15311143.jpg

アカマツ尾根を探る。
e0266825_15314291.jpg

山地は紅葉が始まる。
e0266825_15322061.jpg

アカマツと共生するクロカワ。
e0266825_15325344.jpg

アカマツといえば狙いはマツタケ。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-10-14 15:33 | きのこ自然誌
2015年 10月 13日

1268 秋きのこ

e0266825_165058.jpg

アカマツ尾根を登る。
e0266825_1653584.jpg

クロカワ
e0266825_165588.jpg

マツタケ
e0266825_1662636.jpg

シシタケ流れ。
e0266825_166574.jpg

クマ糞。
e0266825_167205.jpg

ナラタケ流れ。
e0266825_1675096.jpg

アカマツ根元を丹念に調べる。
e0266825_1684072.jpg

紅葉深まる。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-10-13 16:09 | きのこ自然誌
2015年 10月 12日

1267 秋きのこ

e0266825_14264150.jpg

ミズナラ稜線を歩く。
e0266825_14273657.jpg

e0266825_14275325.jpg

e0266825_1428974.jpg

マイタケは全部流れ。
e0266825_14284871.jpg

オオミヤマトンビマイタケ
e0266825_14292214.jpg

ナラタケ流れ。
e0266825_14295424.jpg

アカマツ尾根へ。
e0266825_14302238.jpg

開きマツタケ1本だけ出ていた。
e0266825_1431193.jpg

ハナビラタケ流れ。
e0266825_14315528.jpg

ムキタケ
e0266825_14321411.jpg

クリタケ

 かろうじてマツタケ4連敗をまぬかれる。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-10-12 14:33 | きのこ自然誌
2015年 10月 10日

1265 アカマツ林へ

e0266825_16133243.jpg

e0266825_16135077.jpg

アカマツの根元にマツタケなし。
e0266825_16153367.jpg

マツタケに変えてクリタケ。
e0266825_16161675.jpg

見たことないきのこ。

今回でマツタケ3連敗。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-10-10 16:16 | きのこ自然誌
2015年 10月 09日

1264 マツタケパトロール

e0266825_17285795.jpg

e0266825_17291210.jpg

e0266825_17292928.jpg

e0266825_17294392.jpg


 アカマツ林でマツタケを探すがきのこは全くない。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-10-09 17:30 | きのこ自然誌
2015年 10月 08日

1263 マツタケパトロール

e0266825_1692116.jpg

クマ足跡
e0266825_1695051.jpg

e0266825_161064.jpg

大雨でマツタケシロ流失マツタケなし。
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-10-08 16:10 | きのこ自然誌
2015年 10月 07日

1262 アカマツ林きのこ

e0266825_1752062.jpg

放射冷却があって雲海となる。
e0266825_17524095.jpg

今日のフィールド、アカマツの山。
e0266825_175324100.jpg

クリタケ
e0266825_1753543.jpg

ハエトリシメジ
e0266825_17542319.jpg

ナラタケ
e0266825_17545284.jpg

クロカワ
e0266825_17551718.jpg

クリタケ
e0266825_1755583.jpg

マツタケに似ているきのこ。
e0266825_17564126.jpg

シモフリシメジ
e0266825_1759576.jpg

ムキタケ

 
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-10-07 17:57 | きのこ自然誌
2015年 10月 06日

1261 ブナ林きのこ

e0266825_16475953.jpg

ブナ林
e0266825_16482494.jpg

シイタケそっくりなツキヨダケ
e0266825_16485285.jpg

クリタケ
e0266825_16491779.jpg

シシタケそっくりなケロウジ。
e0266825_1650182.jpg

ブナ
e0266825_16502255.jpg

天井一派ブナ。
e0266825_1651916.jpg

ブナに刻まれたクマ爪あと。
e0266825_16515016.jpg

クマ糞
e0266825_1652981.jpg

ヤマブシタケ
e0266825_1652319.jpg

クリタケ
e0266825_16525369.jpg

大王ブナ
[PR]

by yuuyuugaku-ueno | 2015-10-06 16:53 | きのこ自然誌